エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


アルファロメオ GTV 2005年式
車検 2022年1月 走行 31,879q 備考 5速MT ETC 左ハンドル 2オーナー 外装 ブラック
長さ 429cm 178cm 高さ 132cm 重量 1330kg 排気量 1,960cc
取材日2020年10月

■■■今回紹介のモデル■■■
2005年1月(平成17年)初度登録の2.0Lのモデルになります。
2017年11月にワンオーナーの車両を都内のイタリア車専門店にて購入しました。
購入時の走行距離は、約21,000kmでした。
使用頻度としては、月に2回、約20km程度の走行になります。
購入後、永く所有して現状以上に仕上げて楽しむ予定でしたが、諸事情により車両整理をする事になり泣く泣く手放すとの事です。
車両は、ガレージ保管です。

■■車両の仕様■■
◆車検証記載事項
・車名:アルファロメオ
・車台番号:ZAR9160000701****
・型式:GH−91620G
・原動機の型式:32310

[走行距離計表示値]30,800km(令和2年1月23日)
[旧走行距離計表示値]22,100km(平成30年1月12日)

◆エンジン
・直列4気筒DOHC
・最高出力:150ps
・最大トルク:18.4kg・m

◆変速機
・5速MT

◆足回り
・純正仕様
・フロントサスペンション:マクファーソンストラット
・リアサスペンション:マルチリンクタイプ

◆排気系
・オーバーレーシング社のステンレス製中間ストレートマフラー

◆タイヤ・ホイール
・225/50ZR17:(DUNLOP SP SPORT MAXX TT)
・ニーズ(NEEZ)社製鍛造マグネシウムホイール(世界最軽量の鍛造マグネシウムホイール)

◆オーディオ
・純正オーディオからパイオニアのカロッツェリアの交換
・ラジオのアンテナを手動式に改良してマニュアルSWをセンターコンソールに追加して有ります。
・純正CDチェンジャーを取り外して有ります。(電力消費を減らす為)
・ETCは、グローブボックス内に取り付け

◆その他
・ステアリングをMOMOに交換して有りますが、純正ステアリングは、有ります

■■特徴とお勧めポイント■■
まずは、約32,000kmと大変走行距離が少ない最終年式のモデルです。
走行距離が少ない為、内装・エンジン・下廻りの状態が大変キレイに保たれています。
ここ2〜3年は、故障も無くコンディションは、良好です。

■■■アルファロメオロメオGTV・フェーズ3について■■■
アルファロメオGTVは、1994年に正式発表されました。
日本国内では、1996年に導入され2006年まで販売されたモデルです。
外装デザインは、ピニンファリーナに在籍していたエンリコ・フミアの手によるモデルです。
ウェッジシェイプの低いフロントノーズとキックアップした高いテールを結ぶ、フロントフェンダー下部からリアトランクに至る大胆な斜めのキャラクターラインが大きな特徴です。
フィアット・ティーポ等と同じ「ティーポ2」のプラットフォームをベースとした横置きエンジンの前輪駆動車で、GTVのロードスターバージョンと言えるスパイダー(916)とプラットフォームを共用しています。
[GTV]は、アルファロメオ伝統のネームで、Gran Torismo Veloceの略で、速いGTカーを意味するとのことです。
2003年7月、大きな変更を受けフロントグリルのデザインが一新されました。
アルファロメオの盾、つまりグリルの部分が縦方向に大きく拡大され、フロントのナンバープレートは、左側にオフセットしてマウントされました。
ハンドル位置は再び左となりました。また後にGTVとしては初めて2リットルTSエンジンモデルが国内導入され、3.2リットルV6と2リットルTSの二本立てで2006年4月まで販売されました。

【外装の状態】
・ブラックの外装塗装は、少し白く色褪せがみられます。前オーナーさんが屋外保管の様でした。
ただし、ボディーに磨き加工を施し一皮剥くとキレイな状態になりそうです。(取材者の私感です・・・。)
・右ドアに縦に線上の凹みが確認出来ましたが、良く注意して見ないと分からない程度です。
通常の使用上では、気になるレベルでは無いと思います。(取材者の私感です・・・。)
この凹みは、購入時からのものです。
・ホイールの状態は、リムにガリキズは無く、綺麗です。
・ライト類に大きなキズ、くもりは無く、綺麗な状態です。
・下回りに目立つ腐食等は有りません。

【内装の状態】
・全体的に大変綺麗な状態です。
・ルーフライニングの垂れは、有りません。
・シートの状態は、キズ、汚れは無く綺麗な状態です。
・ダッシュボードに割れなど無く良好な状態です。
・ドアトリムにキズ等無く綺麗で良好な状態です。

【機関の状態】
・エンジンの状態は、オイル漏れも無く、良好なコンディションです。
・排気系は、オーバーレーシング社製のステンレスマフラーに交換。スポーツドライビングが好きな方には、気持ち良いサウンドを感じていただけると思います。
・その他現在気になる箇所は無く、コンディションは良好です。

【整備履歴】
≪今までの整備記録簿の一部≫
■2018年8月(平成30年):一般整備
・タイミングベルト 交換
・ウォーターポンプ 交換
・クラッチ OH

■2019年9月(令和1年):一般整備<30,280km> アルファロメオ専門店にて実施
・ミッション、パワステ 点検
・T/Mオイル(WAKO‘S 75W−90) 交換
・MG5−T マジックファイブ 添加
・パワーステアリングオイル 交換
・パワーシールド 添加

■日頃のメンテナンス、整備は、専門店(元アルファロメオ正規ディーラーに在籍メカニックのショップです。)にて実施しています。

【付属部品】
下記部品をお付け致します。
・左ドアのウエザーストリップ(中古品)
・クリップ(トランク用ですが、他の箇所にも使用可です。)
・ワイパー(今年の車検時に左右、純正新品をつけたので取り外たストック品です。)
・サンバイザー(運転席用 中古品)
・純正ペダルカバー(ブレーキ、クラッチ)
・左右ドアミラー(中古品)
・車内ルームランプの上部カバー(新品)
・純正ホイールセット(1本だけ軽微のホイールリムにキズが有りますが他の3本は、概ね良好です。)

【その他】
・月2回程度コンディション維持の為の走行をしますので若干走行距離は、伸びます。
・スペアーキーは、有ります。
・取説類は、揃っています。

現車確認、見学については、オーナーさんも多忙な為、購入を前提とした上でご連絡をお願い致します。
個人売買の為、消費税、諸費用はかかりませんが、リサイクル料(¥16,140−)と、月割りの自動車税(年額:¥45,400−)のご負担をお願いいたします。現状渡しのノークレームとなります。

実車は、静岡県にあります。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
128万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
縦に線上の凹みが有ります。
 
 
 
 
 
純正ステアリング有ります。
 
アンテナのマニュアルSWです。
 
 
 
 
 
走行 31,879km。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
付属部品の一部です。
取説類は、揃っています。


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 静岡
TEL/070-6533-8928(スグロ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
enthu.no.mori.shizuoka@gmail.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る