エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る



フォルクスワーゲン コラード G60 1992年式

車検 2018年8月
走行 106,974km
備考 ディーラー車/複数オーナー/5速MT/ETC

長さ 405cm 幅 168cm 高さ 133cm 排気量 1.78L 重量 1230kg



カルマンとの共同開発の元、ポルシェ944をライバルと想定して、1988年にフォルクスワーゲン初のリアルスポーツカーとして登場した「コラード」。
今回ご紹介する車両は、Gラーダーと呼ばれるスーパーチャージャーを搭載した直列4気筒SOHCの1780ccエンジンに、5速MTを組み合わせたモデル「コラードG60」です。
最高出力160PS/5,600rpm、最大トルク22.9kg・m/4,000rpmを発揮します。

【外観】
赤の車体色は艶やかな光沢を放っており、以前に同色にて全塗装されていると思われます。全体的に色褪せや錆などは見当たりませんがリアハッチゲートの一部に塗装浮きを確認いたしました。(画像参照)
また、塗装以外ではフロントリップスポイラー左に5センチ程の割れ、右サイドドアモールに擦り傷、ホイールにガリ傷を確認いたしました。併せて見学時にじっくりとご覧ください。
その他、大きく目立つヘコミ等はありません。

フロントバンパーは北米仕様に変更、社外品グリルに変更されています。
ホイール付きスタッドレスタイヤが4本ありますので付属品としてお付けいたします。

【室内】
室内での変更点はブースト計とオーディオ位でオリジナル度が高い状態です。
シート類は、ドライバーズシート左側に乗降による擦れを確認しましたが、その他全体的に破れ等もなく、年式・走行距離以上に程度が良いと感じました。
天井には若干の垂れが見られます。
左ドア内張りポケットに剥がれが見られます。
ナビは未配線のため動作は確認できていません。

それ以外でオーナー様が気付いている点は次の通りです。
・右側ドアのウィンドウを下げた時に全部は下がらず3センチ位残る。
・右側ドアの外からキーロックが効かない。

【機関】
エンジンは現在も至って快調な状態です。
車検時(2016年8月)に、ヘッドライト左右交換、オルタネーター交換、ベルト類交換を実施しています。
エアコンに関しましては、以前に一式修理しましたが、最近また効かなくなり確認したところ、コンプレッサーの不具合と診断されたそうです。そのため現在はエアコンは効かない状態で使用しています。

キー2本、取扱説明書が付属いたします。

個人のため消費税は不要です。
リサイクル料はオーナー様のご厚意によりサービスといたします。
本年度自動車税は月割での清算をお願いいたします。

実車は宮城県仙台市にあります。
48万円


上記の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成されたものです。整備履歴・修復歴や車の状態などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。

《画像クリックで拡大表示できます》
内張りポケットの剥がれ
天井に若干の垂れ
リアハッチゲートの一部に塗装浮き 右サイドドアモールに擦り傷
【動画】外観・室内 【動画】エンジン始動


この車両のお問い合わせは



電話:090−8925−7383
または
tamura@carrera-inc.net


エンスーの杜 仙台オフィス 田村まで
仙台オフィスのホームページ