エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


スバル360 スーパーデラックス 1968年式
車検 2019年12月 走行 88,200km 備考 3MT ヒーター ETC
長さ 2990mm 1300mm 高さ 1360mm 重量 410kg 排気量 350cc
取材日2018年8月26日

愛らしく個性的な「てんとう虫」の愛称を持つこのクルマは、当時の時代背景を考えれば、日本の自動車史に残る1台であるのは間違いないところでしょう。
スバル360は身近でありながらも、走行性能や乗り心地に、その技術の粋を集められ、手頃な価格で買えるマイカーとしての存在を確立したモデルと言えます。

生産期間は約12年間、うち今回ご紹介するスバル360は昭和43年式のグレードはスーパーデラックスです。
現オーナーさんが当サイトにて購入されたもので、仕様はその当時から変わっていません。

外観は鮮やかな青です。こちらは過去に全塗装されているようで、元色はアイボリーと聞きました。退色やヘコミなど大きな傷みは見受けませんが、部分的に塗装の浮きやクラックが散見されました。メッキのバンパーもサビを認めました。
ホイールキャップは現状左後が外れていますが、走行中に取れてしまいそうな状態との事なので、あえて外してあり、物は保管されています。
リアウインドウはオリジナルのアクリル製と聞いており、交換していないためクモリがあります。

内装には傷みは見られません。シートも破れはなし、天井、内張ともさして問題はありません。ダッシュは前オーナーのお手製と聞いている本革のカバーが敷かれています。

機関も問題ないそうです。これまでトラブルなく、現在でも不具合は感じておりません。よって修理履歴も今のところはなしです。ただつい最近プラグがかぶり気味だったため、交換しました。その他点火時期の調整等、基本整備は前オーナーがしっかり行っていた模様です。

ヒーターが備わりますが使用していないため、動作は未確認です。

ETCはこのままお付けいたします。

リサイクル券(2980円)は清算をお願い致します。

以前とある田舎を走っていた際に、ふと朽ちたスバル360がオーナーさんの目に入ったそうです。古いクルマは、それはそれで絵になる光景ではありますが、オーナーさんの頭には、走る姿を想像したのものでした。それが印象強くあり、実際に手にしたのがこちら、小柄なボディは置場に困らず、非常に和む存在な様子でした。今度は走りを体感すべく近くを周って頂きました。ちょい長めのクランキングから2ストのエンジンは目を覚ました。アイドリングも安定、前開きのドアから乗り込んで出発です。エンジンは軽やかに回る印象です。さすがに出足は俊敏というわけにはいきませんが、それでも加速はスムースで一般道では十分に流れに乗れます。何より印象的だったのは、乗り心地が非常によかった事、ギャップをしっかりといなす感覚は、道路事情が今よりよくなかった時代の産物とも取れました。2スト特有の音を伴いゆったりと流れる景色に、暑い夏の日でも三角窓からの風が心地よく、そのどれもがこのクルマの世界観として感じられた試乗でした。実は購入後から間がないのですが、今回車庫事情が変わり、売却するに至りました。時代を映す大衆車の名車を体感してみたい方はいかがでしょうか。

車両は埼玉県にあります。

このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物で、オーナーさんの依頼により取材を行ったものを掲載しています。
記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全てエンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき下さい。
掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。
※ 個人売買のため、消費税は掛かりませんが、支払いは現金一括で現状渡しのノークレームとなります。また、 陸送等の手配は購入された方に行って頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
74万円→71万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
ラジオは純正。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
運転席フロアの状態。 
後席フロアの状態。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三角窓はしっかり機能しています。夏は必需品。 
このようなサビ浮きが数カ所あります。 
塗装のクラックは他にもあり。 
 
 
 
 
 
 
 
今や数少ない2ストエンジンはらしい音を奏で元気に回ります。 
 
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 埼玉支局
TEL/090−1657−4692(イケダ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
enthu2nagano@gmail.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る