エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ウエストフィールドSC 1995年式
車検 31年5月 走行 15,313km 備考 ディーラー車(チェッカーモータース物)、幌/サイドドア/ロールバー有、ETC、純正アルミホイール×4有
長さ 3590mm 1570mm 高さ 1150mm 重量 600kg 排気量 1590cc
取材日2018年5月21日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ウエストフィールドについて
―――――――――――――――
ウエストフィールド社はイギリスの自動車メーカーです。1982年よりロータスイレブンのレプリカを販売し、その後ロータスセブンシリーズ1のレプリカ、シリーズ3のレプリカ製造と発展していきます。しかし、1987年にPre-Litというモデルがあまりにもロータスセブンに似ていたため、ロータス社から訴えられ、敗訴します。もともとフレームの治具をロータス社から買い、車を製造していたので似ていると言われても・・・。

それ以降ウエストフィールド社は、オールFRPでロータスセブンとは異なる形状のモデルを生産するようになります。居住性を改良したり、4輪独立懸架のサスペンションを採用したり、ロータスセブンとは違う独自の路線を歩むことになります。

ウエストフィールドは現在も生産しており、エンジンの選択の自由度が高く、ボディ形状も徐々に変化しています。エンジンの中にはホンダのVTECエンジンもあります。
また、ロータスイレブンに似ているXIなどを販売しています。

英国の自動車雑誌やTV番組で取り上げられる機会が増え、立派なスポーツカーメーカーとして認知されているようです。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両はウエストフィールドSCです。
現オーナーさんは昨年購入します。しばらく動いていなかった個体だったため、購入後に古い英国車専門店で全点検、車検を取得します。

以下の項目がその時に行った整備内容です。
・シフトリンケージ修理
・ウェーバーキャブ調整
・スパークプラグ交換
・スペアタイヤラック調整
・幌ホック取り付け
・ヘッドライト配線修理
・エンジンオイル交換
・エンジンオイルエレメント交換
・トランスミッションオイル交換
・デフオイル交換
・サイドミラー交換(レーシングミラー)
・フロントウインカー(ルーカスウインカーに変更)改造、配線取り直し
・ステアリングホイール交換(モトリタ)
・4点式シートベルト交換(IMPACT製)
・15インチアルミホイール装着(エンケイ)+タイヤ新品交換
・バックミラー交換

現在は快調で、休日にお友達と峠を走りに行くそうです。
売却理由は次に乗りたい車が出てきたためとお聞きしました。

〓〓〓〓
◆ボディ
――――
他のセブンと同じように鋼管フレームに樹脂製のボディパネルを取り付けた構造です。
イエローカラーは目立ちますね。
ロールバーはありますが、オーナーさんの好みで外しています。幌を取り付けるときはロールバーを装着しないと取り付けることができません。
サイドドアは現状でも装着可能ですが、止め方にひと加工必要です。
ホイールは15インチのエンケイに交換、純正のアルミホイールはありますのでお付けします。
タイヤサイズは185/55R15を履いています。
スペアタイヤのラックはありますが、スペアタイヤはありません。

〓〓〓〓〓〓
◆インテリア
――――――
見慣れたセブンのインストルメントパネル、計器類です。
他のセブンと比べると室内幅は広く、シートも大きくゆったりとしています。
横風を防ぐウインドウディフレクターを装備しています。
ヒーターはよく効くそうです。もちろんエアコンはありません。

〓〓〓〓
◆機関
――――
フォードの1.6リッターCVHエンジン搭載、5速マニュアルとの組み合わせです。
キャブはウェーバーのツイン、40DCOEです。
特に不具合はないとお聞きしました。
◆エンジンの仕様
エンジンの種類:水冷直列4気筒SOHC
総排気量:1598cc
最高出力:120PS/6000rpm
最大トルク:14.0kg-m/4000rpm

〓〓〓〓
◆足回り
――――
ノーマルの足回りです。
◆足回りの仕様
ステアリング形式:ラック&ピニオン
フロントサスペンション:ダブルウィッシュボーン+コイル(独立懸架)
リヤサスペンション:ダブルウィッシュボーン+コイル(独立懸架)
ブレーキ:ディスク

〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンス
―――――――
その後のメンテナンスの記録です。
・クラッチケーブル交換
・スピードメーター マグネットシャフト修理
・スピードメーターケーブル製作
・ドライブシャフト左CVジョイント分解・ねじ山再生組立加工
※ドライブシャフト(CVジョイント)のゴムブーツ亀裂は、ウエストフィールドのウイークポイントとお聞きしました。この車両もゴムブーツに亀裂が入り、グリースが飛散し、ジョイントにダメージを与えたそうです。ゴムブーツは汎用品があり、容易に手に入りそうですが適宜点検をした方がいいようです。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆オーナーさんの一言
――――――――――
冬場のヒーターは一応効きますが、ブラケットまたは防寒ズボンがあった方が良いですね。
クルマは屋根付き車庫にカバーを掛けて保管しています。基本的に雨天は走りませんが、一度だけ雨に見舞われたことがあるそうです。
車体は、かなりしっかりしていますし、全輪独立懸架は快適なコーナリングを実現してくれいます。
エンジンオイル他油脂類も交換したばかり、千キロも走っていません。
状態はいいと思います。
車の状態を維持するため、たまに走りますので走行距離が伸びることをご承知おき願います。

車は愛知県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 150万円
画像クリックで拡大出来ます
どこから見てもスーパーセブンですね 
フロントカウルにはエアアウトレット有 
ボンネットに3本の黒テープを貼り付けています 
ロールバーは取り外してあります 
スペアタイヤはありません 
 
クラシックスポーツカーのスタイルです 
 
 
 
フロントカウルのグリル部は黒く塗装 
ルーカスのヘッドライト 
ターンシグナルの位置を変更しています 
 
レーシングミラーとウインドウディフレクター 
エキゾーストパイプ(触媒付き) 
ストーンガード 
 
シンプルなテールライト 
 
 
コックピット 
メーター類 
メーター類とスイッチ類 
 
シフトレバーとパーキングレバー 
 
 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
ABCペダル 
 
エンジンルーム 
 
 
ウェーバーツインキャブ 
エンジンオイルパン部 
トランクルーム 
フロントサスペンション部 
リヤサスペンション部 
リヤディファレンシャル部 
幌とサイドドア 
ロールバー 
エンケイのアルミホイール 
 
チェッカーモータースのプレート 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る