エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ポルシェ 993 カレラ 1995年式
車検 2019年1月 走行 59,074km 備考D社 左H ティプトロ サンルーフ
修復歴無し フルノーマル車 ETC 記録簿全て有 禁煙車
長さ 4240mm 1730mm 高さ 1300mm 重量 1390kg 排気量 3600cc
取材日2018年9月12日

最後の空冷ポルシェとして名高い993のご紹介です。

初年登録が1995年です。
現オーナーが2005年にヤナセの協力店にて、3万キロ台で購入。
それより現在まで約13年間保有されております。
走行距離は59074kmです。
ファーストオーナーからの車検の記録は全てございます。
(H10 12 14 16 18 20 22 24 26 29)

タイヤサイズ P ZERO 前205 50 17 後255 40 17
オリジナルのコンディションを保っていますと言う事です。
オーディオも当時のカセット付のタイプです。
雨天は走行しておりませんとお聞きしました。

外装
 シルバーのボディーは塗装状態が大変良く、ゴム、樹脂パーツも状態が良いです。
黒々しており劣化しておりません。
ボディー塗装はかなりきれいです。
古いワックスを取り除いてからワックス掛けしています。
そのお蔭で美しい状態をキープしているものと思われます。
現在はシャッター付の自宅1Fに屋内保管されています。
ボンネット、ドアミラーに飛び石の小さな傷がございます。
フロント周りにありがちな飛び石の傷はほとんど見受けられませんでした。
4本のホイールにガリ傷が有ります。
ヘッドライト、前のウインカーレンズに、若干くすみが有るようです。
画像、動画ではわかり難いです。

内装
 室内も大変綺麗です。運転席側に新車当時のビニールが残っている箇所が有ります。
運転席側だけ、多少革シートにシワが増えております。
手袋をされてステアリングを握られているので、革巻のステアリングも状態は良いです。
革の部分も、ファブリックの部分も非常に良いコンディションです。
ダッシュボードの割れなどございません。

機関
 エンジンは一発で始動し、乾いた空位のエンジン音が直ぐに響き渡りました。
アイドリングも安定しております。
エアコンのガスが直ぐに抜けてしまい修理が必要となっております。
エアコンは現在ガスが抜けており、修理を要する状態です。」
ボンネット及び、リアエンジンフードは、ダンパーが抜けていて、つっかえ棒が必要となっています。

 近年は乗る機会も大幅に少なくなりました。
大事にして頂ける方に、是非お譲りしたいとエンスーの杜掲載の運びとなりました。
フルノーマルで、走行距離もまだ少なく大変状態の良いお車です。
是非ご検討ください。

現車は、23区にあります。個人売買の為消費税はかかりませんが、購入されるかたには自動車税の月割りと、リサイクル料金のご負担をお願いします。             
維持管理の為、走行距離は伸びる事が有ります。                   
ご見学につきましては、ご相談下さい。

記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナー様のコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、見落とし等で現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全て裏づけを取ったものではありません。

575万円→495万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/090-3918-5237(セキ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
sekiglassy@helen.ocn.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る