エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ウーズレー・シックス 1973年式
車検 現在車検切れ(車検取得渡し予定です) 走行 85,518km(メーター読み) 備考 1996年国内登録 ネイビー カタログ有り 取説有り ヒーター 4速MT
取材日2018年9月9日

ウーズレー・シックス(Wolseley Six)概略

Wolseley Sixは1972年にADO17シリーズとしてオースティン2200とモーリス2200とのバッヂエンジニアリングにより兄弟車として同時に発売されました。

1.8L 4気筒エンジンを搭載したWolseley 18/85から,横置きした2.2L直列6気筒エンジンに置き換えパワーアップを図りました。

Wolseley SixはツインSUキャブレター、2227ccで4速マニュアルとオートマチックが用意され1975年まで販売されました。

ADO17は、miniのADO15、オースティン・MG・バンプラなどのADO16の次に大型化されたシリーズとしてBMCにより開発されました。

デザイナーはアレックス・イシゴニスとピニンファリーナです。

ADO17シリーズは親しみを持って Landclab(陸ガニ)というニックネームで呼ばれています。

このクラスの車としては幅広なその見た目とボディの構造的な強さから由来しています。

ご紹介のお車1973年式、ADO17のウーズレー・シックスです。

大変珍しいお車のようです。

日本国内では1オーナー車です。

現オーナーが英国から輸入する際に、本国にてボディのフルペイント、カーペット・レザーシートの総張り替えなどのレストアを行いました。

ネイビーブルーのボディのサイドにゴールドのラインが入っています。

インテリアはレザーシートもカーペットもグレーで統一されています。

電気式の時計は故障しています。オーディオはCDプレイヤーが故障しており、ラジオも使用できません。(ハードディスクに保存されている音楽のみ聞ける状態です)

オーディオを載せ替える場合、リアに設置されているスピーカーはそのまま使用できます。

ヒーターは効きますが、クーラーは効きません。

その他の装備はすべて機能しています。

ヘッドライトを付けるとフロントグリルのWolseleyロゴのランプがほんのり光ります。

前後のレザーシートにはアームレストがあり、油圧のハイドロラスティックサスペンションの乗り心地もあり、

ゆったりとした気分でドライブができます。

BLMCの車のため、共通パーツが多く使われておりパーツに困ることはほとんどありません。

以前雑誌TIPOに掲載された事も有るお車です。

スペック

車種 : Wolseley Six (ADO17)

製造年月 : 1972年3月 - 1975年4月

生産台数 : 25,214台

エンジン : 2,227cc E-Series S.O.H.C. 直列6気筒

付属品

・オリジナルラジオ

・予備のフロントグリル

・クラッチ(新品)

・取扱説明書

・カタログ

外装

シャター付きガレージに保管されている為に、お車の状態は大変良いコンディションです。

リペイントされているボディーは、概ね綺麗です。

右側のリアフェンダーに塗装の浮きが少し見られます。

また、ヘッドライトの下側に同じく塗装の浮きが見られます。

メッキパーツに関しましては、とても綺麗な状態です。

ゴムパーツも綺麗です。

内装

革張ライトグレーに、同色の内張り、ウォールナットの利いたシックな内装は良いコンディションです。

ダッシュポード、ウッドにクラックはなく内装は非常に綺麗です。

見た目より室内はかなり広く大人四人は余裕で乗り込む事が出来ます。

現在のオーナー様になってからは、禁煙車です。

機関

購入当初効いていたエアコンは現在使用できません。

オリジナルのラジオは、別途保管されておりまして、お渡しすることが出来ます。

当日エンジンは、直ぐに始動しアイドリングも安定しておりました。

コンディションの良さが伺えます。

主な修復歴

8年12月 タイヤ・ヘッドライト交換

13年3月 ブレーキシリンダーオーバーホール、イグニッションコイル交換

15年10月 オーディオ取り付け

17年6月 バンパーオーバーライダー取り付け

17年7月 クラッチ交換

17年11月 ホイールシリンダーオーバーホール、エンジンオーバーホール

19年11月 ブレーキマスターシリンダーオーバーホール

20年9月 ハイドロサスペンションオーバーホール

21年5月 アクセルワイヤー交換

21年9月 フューエルポンプ交換

21年11月 フロントブレーキキャリパーピストン交換

23年9月 キャブレターオーバーホール、ウインカーリレー交換

25年2月 バッテリーカットオフスイッチ交換、チョークワイヤー交換

26年12月 イグニッションコイル交換

28年3月 マフラー排気漏れ修理、キャブレターオーバーホール、

28年6月 ラジエーターオーバーホール、電動ファン交換、電動ファン用スイッチ取り付け

複数のお車をお持ちになっておられ、新しいお車を購入される予定で、ガレージの都合でご売却の運びとなりました。 

現車は、23区にあります。個人売買の為消費税はかかりませんが、購入されるかたには自動車税の月割りと、リサイクル料金のご負担をお願いします。   

維持管理の為、走行距離は伸びる事が有ります。

ご見学につきましては、極力週末にお願い致します。

記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナー様のコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、見落とし等で現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全て裏づけを取ったものではありません。

280万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘッドライト下の錆 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
右側リアパネルの錆 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
付属するパーツ類 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/090-3918-5237(セキ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
sekiglassy@helen.ocn.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る