エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


パンサー・J72 1981年式
車検 一時抹消 走行 48,756km 備考 ディーラー車(中部八州自動車物)、右ハンドル、4.2リッター直列6気筒DOHCエンジン(ジャガー製エンジン)、3速オートマチック、幌・サイドドアウインドウ
長さ 4110mm 1770mm 高さ 1300mm 重量 1290kg 排気量 4220cc
取材日2018年9月11日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆パンサー・J72について
―――――――――――――
パンサー・J72(Panther J72)は、イギリスの小規模自動車メーカー・パンサー・ウェストウインズが1972年から1981年まで生産した2座席オープンタイプのスポーツカーで、同社最初の生産車でした。
1930年代の名スポーツカー・ジャガー・SS100を1970年代の技術で再現し、高性能な高級スポーツカーを作り上げることがテーマで、エンジンはジャガーのものが用いられました。
シャシは、ラジエターを車軸より後ろに設置して1930年代の車のプロポーションを維持するため専用設計され、前後とも固定軸のサスペンションが用いられました。
内装はコノリーレザー仕上げ、オートマチックトランスミッションも選択ができました。J72はジャガーSS100よりも多い約500台が生産され、パンサー・ウェストウインズの基礎を固めた車両となりました。著名人のオーナーも多かったそうです。日本にもモーガン・オート・タカノや中部八洲自動車が代理店となって輸入されました。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両は中部八州自動車が輸入したディーラー車です。
製造後37年経過していますが走行距離は48,756km、実走行とお聞きしました。
そして内外装とも各オーナーさんにより大切に扱われてきた車両のようです。

〓〓〓〓
◆ボディ
――――
塗装、メッキ、幌(キャンバス地)はとてもいいコンディションです。
多少の飛び石のキズがありますが大きなものはありませんでした。
幌は一個所(2cm)破れがありました。
足元はワイヤーホイール、きれいで輝いていました。
タイヤサイズは225/70R15です。

〓〓〓〓〓〓
◆インテリア
――――――
ウッドのインストルメントパネル、表皮を張り替えたフロントシート、いいコンディションです。
ステアリングホイールはモトリタの4本スポークの本革、よくモーガンなどに装着されているモデルです。
メーター類はスミス製、右からスピードメーター、タコメーター、油圧計、水温計、燃料計、電圧計です。
シフトレバーはジャガーと同じです。パーキングブレーキレバーにはメッキが施されています。
左右のドアウインドウは、アクリル製でセンターにスライドで開閉できる窓が設置されています。

〓〓〓〓
◆機関
――――
ジャガーXJと同じ4.2リッター6気筒DOHCエンジンを搭載、キャブレターはストロンバーグのツインです。エンジンの始動は一発で始動、アイドリングは安定していました。エキゾーストノートは、迫力のあるサウンドでした。
トランスミッションは3速オートマチックです。

〓〓〓〓
◆足回り
――――
サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン+コイル、リヤはライブアクスル、トレーリングアーム+コイル、ステアリングはラック&ピニオン式、ブレーキはフロントディスクブレーキ、リヤドラムブレーキです。フロントブレーキディスクキャリパーは赤く塗装してありました。

〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンス
―――――――
現状残っているメンテナンスの内容は以下のとおりです。
・左右フロントブレーキキャリパーシールキット交換
・左右リヤブレーキホイールシリンダーインナーキット交換
・左右フロントブレーキパッド交換
・エンジンマウント交換
・トランスミッションマウント交換
・ウインカースイッチ交換、リレー交換
・燃料ポンプ分解・修理
・オートマチックトランスミッションOH(オーバーホール)

車は愛知県にあります。
法人登録の為、消費税がかかりますが掲載価格は消費税込みの価格です。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 698万円
画像クリックで拡大出来ます
白が良く似合います 
スペアタイヤを背中に、イギリス車ですね 
大きなヘッドライトが特長です 
 
クラシックカーのリヤビュー 
 
サイドビューも素敵です 
幌を被せた状態 
幌のリヤウインドウは楕円 
 
 
 
 
幌を被せた時のサイドビューも素敵ですね 
パンサーのエンブレム 
ヘッドライトには金網のカバー付き 
 
ボンネットのエアスクープ 
 
フロントウインドウガラスは前に倒れます 
サイドドアウインドウはアクリル製  
幌の破れ 
燃料タンク 
 
シンプルなテールライト 
 
コックピット 
コンビネーションメーター 
4連メーター 
 
イグニッションスイッチ 
ライトスイッチ 
ATシフトレバーとパーキングブレーキレバー 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
中部八州自動車のプレート 
エンジンルーム左 
 
エンジンルーム右 
 
 
ストロングバーグツインキャブレター 
エンジンオイルパン部 
オートマチックオイルパン部 
迫力のあるエキゾーストノートを聞かせます 
フロントサスペンション 
リヤサスペンション 
リヤディファレンシャル 
ワイヤーホイール 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る