エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ダイハツ ミゼット 1969年式
車検 2019年6月 走行 27,692km 備考 複数オーナー/MT/原動機型式:ZD 2人乗り
長さ 2970mm 1290mm 高さ mm 重量 410kg 排気量 300cc
取材日2018年7月

通称「丸ハンドルミゼット」。1959年(昭和34年)4月に北米向け(現地名:Daihatsu Tri-Mobile)の左ハンドル仕様のMPA型として先行発売され(ただし800台の限定生産・販売)、同年10月よりMPA型の意匠はそのままに右ハンドル仕様に改めた日本国内向けのMP2型として発売を開始した。特徴は嘴の形状を連想させるノーズ部分と一体化されたキャビンであり、DK・DS型と比べてスタイリッシュになった。ドアが装着され、ルーフはMPA型からMP4型までは幌が用いられていたが[注釈 3]、MP5は鋼板製のクローズド・ルーフとなった。ハンドルはDK・DS型のバーハンドルから丸ハンドルへと変更され、さらに運転がしやすくなった。車体寸法は全長2,970 mm、全幅1,295 mm、全高1,455 mmと全長と全幅がサイズアップされている。また全車セパレートシートを装備し、2人乗車が可能となった[4]。
ラインナップは当初、既存のDS型系、およびMPA型系ミゼット用とほぼ同性能のZA型エンジンを搭載したMP2型が投入されたが、車両重量がDS型に対し100kg近く増加し、結果的に動力性能に不満を持ったユーザーも決して少なくなかったため投入から僅か2か月後の同年12月に新開発のZD型エンジンを搭載したMP3型へ移行し、既存のMP2型は僅か2か月程度で生産・販売終了となった。1960年(昭和35年)5月にはMP3型を基に全長を200 mm延長し、荷台のサイズを拡大し、最大積載量300kgから350kgへ変更し、サイドドアの窓が上下に昇降可能(レギュレーターハンドル付)になったMP4型へ移行。1961年(昭和36年)にはパキスタンでノックダウンによる現地生産が開始された。1962年(昭和37年)12月にはMP4型を基に更に荷台を100 mm延長し、混合燃料から分離給油[注釈 4]に改良され、フェンダー一体型フロントノーズの形状、およびサイドベンチレーター、キャビン、室内、荷台などが大幅に変更・改良されたMP5型へ移行した。また、1969年(昭和44年)8月にはMP5型の一部改良に伴い、灯火器及び反射器等に関する法規に対応するためヘッドランプの左右側面にサイドターンシグナルランプ、および二点式シートベルトを追加装備し、更にフロントウインドウ直下のターンシグナルランプをホワイトレンズのまま大型化した[注釈 5]。
軽自動車の分野でも市場の主流は、3輪のミゼットから4輪のハイゼットに移行・統合し、1971年(昭和46年)12月を以って最後の受注分の生産を全て完了し、1972年(昭和47年)1月31日を以って販売を終了した。同社としては最後のオート三輪となり、製造終了までに国内向け仕様が317,152台が、輸出仕様が19,382台がそれぞれ生産されたが、この当時米国の統治下にあった沖縄にも左ハンドル仕様としてごく少数が輸出されたほか、輸出仕様全体の約半分が東南アジア方面に輸出された。その中でもタイには大量に輸出され、その大部分が「トゥクトゥク」と呼ばれるタクシーとして運用されていた[6]。
"軽のダイハツ"の礎を築いた車両「ダイハツ・フェロー」。
すでにミゼットやハイゼットなどの商用車で軽自動車界に進出していたダイハツが1966年(昭和41年)に初めて発表した軽乗用車です。箱形状のボディには当時としては斬新な角型ヘッドライトが採用され、4輪独立懸架や当時の軽の中では群を抜く広さのトランクルームも魅力なポイントです。

今回ご紹介する車両は1969年(昭和44年)式のお車になります。

【外観】
大きなへこみ等ありませんが、フロント回りにペイントのめくれ等があるので手直しが必要です。
左右ウインカーも動作OKです。
ワイパーもきちんと動きます。
フロントガラスの割れもありません。
ドアミラーは純正タイプです。

【室内】
シートや内張りはオリジナルのままで破れ等はありません。
左のアクリル製ガラスは動作OKで右のアクリルガラスは少し調整が必要です。
ETCも付いてます。
雨漏りなどもありません。

【機関】
現在特に気になる不具合はなく、機関は快調な状態を維持しています。
マフラーの破れもありません。
オイル漏れもなく今現在快調との事です。
オーナー様は、実走行でお買いになられたそうです。
ヒーターは付いてないとの事です。
チョークも付いてます。
タイミングベルトの交換はわからないとの事です。
修復歴なしで購入されたそうです。
今現状の不具合はありません。

【その他】 別でエンジン、ミッション、マフラー等もあるそうです。(別途15万)


現車は、兵庫県にあります。

個人のため消費税は不要ですがリサイクル費用の方宜しくお願いします。

【お問い合わせに際して】
このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物で、オーナーさんの依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。

記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと見聞したものを元に作成したものですので、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全てエンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。

状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき下さい。

掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。
なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂 きます。

140万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 京都・兵庫
TEL/090-3267-3222(アキヅキ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
yoshihiro1015@yahoo.co.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る