エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


サーブ 96 1961年式
車検 切れ(2017年10月時点) 走行 69,313km(メーター読み) 備考中古並行車、初期モデル、左ハンドル、3MT、キャンバストップ
長さ 4010mm 1570mm 高さ 1470mm 重量 860kg 排気量 841cc
取材日2018年6月26日

★サーブ 96に関して
航空機メーカーのサーブが作った乗用車で、1960年から1980年まで20年にもわたり生産され、通称「ブルノーズ(雄牛の鼻)」と呼ばれるフロントのデザインが特徴的であった。

駆動方式はFF、搭載される3気筒、水冷2サイクルエンジンは841ccの排気量から38psを発揮し、コラムシフトの3速マニュアル、前輪サスペンションはダブルウイッシュボーン・コイル、ブレーキは四輪ともドラムブレーキであったが、その動力性能により、エリック・カールソンらによってラリーでも数々の勝利を収めている。

◆当車について
2006年国内登録の中古並行車、2014年6月にエンスーの杜にて購入、現在国内4オーナー目、取説・マニュアル関連無し、禁煙車、屋内ガレージ保管、雨天時は使用せず、事故歴・修復歴不明、整備記録は現オーナー時のみあり、ヒーター、ETC、スペアキー無し

※型式/― 96 ―、原動機の型式/D、車台番号/114●●●

◆エクステリア
ボディカラーはソリッドのベージュでオールペイントされていますが、時期や元色に関しては不明です。

塗装も全体的に艶がありますが、かと言ってビカビカでは無い所がこの車の味わいを引き立てています。

左のフロントフェンダー先端部はパテで補修されており、軽い浮き錆が左右のリアフェンダーの付け根部分にありますが、それ以外は傷や凹みは無く、下回りの錆も比較的少ない状態です。

メッキはバンパーは綺麗ですが、フロントのスポットライトには錆があります。

なお前オーナー時にフロアとフロントエプロンに錆による腐食があったとの事で補修されています。

キャンバストップの生地も破れは無く、開閉も問題ありません。

購入時、ホイールは緑でしたがボディと同色に塗られています。またサーブのロゴが入ったマットガードは右のリアが紛失してしまっています。

◆インテリア
内装はベージュと緑のコンビでオリジナルを踏襲していると思われます。

華奢な細身のステアリングに横型のスピードメーター、横一列に並んだメーター類はサーブが航空機メーカーである事を物語ります。

傷みがあるフロントシートはカバーを製作して被せているため、オリジナルのリアシートとは色合いが若干異なります。

内張りは運転席のドアノブ付近に破れがありますが、その他は57年前の個体としては良好と言えます。

電装系では、水温計と電圧計が不動で、水温計は社外品のメーターが付けられています。

ラジオはオリジナルで電源は入るそうですが、受信はできません。

◆エンジン・整備関連
エンジンは掛け方にコツがあり、普通にキーを回すとバッテリーが上がってしまった時のように全く何も反応しませんが、オーナーさんが行うといとも簡単に掛かっていました。

2サイクルエンジンの場合、殆どは白煙を吹きますが、ポイント調整を行った事によりそれが殆どありません。

エンジンは2サイクルの混合仕様ですが、2ndオーナー時から、ガソリン半分→オイル→残りガソリン半分の順で給油、撹拌するやり方を引き継いでいるそうです。

なお走行距離は確証が無いため参考値です。

●2ndオーナー時(記録簿無し)
・ショック交換
・ブレーキ修理
・ドアキー修理
・バッテリー交換

●3rdオーナー時(記録簿無し)
【2012年4月】
・クラッチ調整
・ラジエターシュラウド作製(オーバーヒート対策)

【2012年5月】
・プラグ交換
・ヘッドライト交換(照度不足のため)
・ブレーキマスターシリンダー交換
・フロントハブシール交換
・リアハブシール交換
・ブレーキシューライニング張替え
・フロントブレーキドラム研磨

【2012年9月】
・ブレーキオーバーホール他

【2013年9月】
・ハイテンションコード交換
・ウォーターポンプ修理
・ポイント調整
・コンプレッション測定(1番:7.2 2番:7.2 3番:7.4)
・マフラー内カーボン除去

【2013年12月】
・リアホイールシリンダー交換
・ブレーキオイル交換
・ダイナモオーバーホール

●現オーナー時
整備は他のエンスー車と同様に知り合いの所で行っており、整備記録は1枚のみとなりますが、ポイント調整を行った程度との事です。

現状は車検切れのため、路上走行は出来ませんでしたが、特に問題は無いとの事です。

◆オーナーさんより一言
サーブ96は以前から興味があり、一度は乗ってみたいと思っていた所、偶然にエンスーの杜に掲載されていたこの車を購入しました。
前オーナー氏がしっかりメンテナンスされていた事もあり、非常に調子が良く購入後も特に問題はありませんでした。

つい先日、この96と1960年代の海外のラリーでブルーバードで戦った方にお見せする機会がありましたが、その方からはこの96を懐かしんで頂いた反面、手強い相手だったとも言われました。

オープンが好きなので、キャンバストップを開けて走っていると最高ですし、珍しいせいか良く声を掛けられます。

とても気に入っていましたが、他にも車があるため乗る機会が減ってしまい、このままでは可愛そうなので、売却する事にしました。

現在車検を切らしていますので、売却時は一時抹消渡しとさせて頂きますが、ご希望があれば車検を取得出来る整備工場をご紹介致します。

◆エンスーの杜取材担当者の私情インプレ
オーナーさんはエンスーの杜の常連さんで、この車以外にもエンスー車を何台かお持ちです。
ただ台数が多すぎて乗る機会が無いのが悩みの種のようで、特に足車として国産のハイブリッドカーに乗っていると尚更のようです。

車歴57年と人間であればそろそろ還暦を迎えるこのサーブですが、ボディもしっかりしており、動態保管されてまだまだ現役で走れますので、お探しの方はこの機会をお見逃しなく。

当車両は神奈川県にあります。
(個人情報保護の関係上、場所は現車確認をお申込み頂いた方だけにお教え致します)

また現車確認日は応相談とさせて頂きます。

◆お問い合わせに際して
・このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物で、オーナーさんの出品依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。

・記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、見落とし等で現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全て裏づけを取ったものではありません。

・状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び、取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき頂き、現車確認の際に必ず状態をご確認下さい。

・掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。
なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止と個人情報保護のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

・エンスーの杜のご利用が初めての方には、システムのご案内をメールにてお送りします。

◆購入される場合(オーナーさんの希望売却価格です)
・車両代金 
・リサイクル料(11,160円)の全額負担をお願いします。
※ 個人売買のため、消費税は掛かりませんが、支払いは現金一括で現状渡しのノークレームとなります。また、 陸送等の手配は購入された方に行って頂きます。

 185万円
画像クリックで拡大出来ます
1 応年の名車サーブ96
2 ボディはオールペイントされている
3 ホイールもボディ同色にペイント
4 一見、4ドアセダンのように見えるデザイン
5 フロントとリアフェンダーがFRP製
6 キャンバストップを装備
7 96を表すエンブレムはどこにも無い
8 大型のバックランプを装着
9 ランプカバーには錆がある
10 バンパーのメッキは綺麗
11 パテによる補修痕
12 
13 
14 
15 キャンバストップの破れは無い
16 折り畳み式に開くキャンバストップ
17 リアの中央部にあるスピーカー
18 FRPのクラックは無い
19 タイヤは145R15
20 
21 
22 クオーターピラー部分は空気排出口
23 リアフェンダーとの境目にある浮き錆
24 
25 飛行機の様なマフラーカッター
26 パンパ―の状態は良好
27 ボディの最前部にあるマフラー
28 左サイドのフロアパネル
29 右サイドのフロアパネル
30 右側のマットガードは紛失
31 ドア下の状態は良好
32 ドアノブ付近の破れ
33 窓は水平では無く、後部側が先に下がる
34 ルームミラーはダッシュボード上に付けられている
35 水温計と電圧計が不動で、水温計は増設したメーターにて対応
36 イラストで表示された分かりやすいスイッチ類
37 オリジナルのラジオは電源は入るが、受信は出来ない
38 シートベルトは3点式
39 リアシートはオリジナルでフロントはカバー付き
40 足元は広々としている
41 キャンバストップはレバーを外して開閉するだけ
42 オリジナルのリアシートの状態は良好
43 トランクの開閉はスムーズ
44 スペアタイヤは黒いボードの下に格納
45 ボンネットは大きく前方に開く
46 最前部にエンジンをレイアウト
47 奥まった所にあるラジエーター
48 電装系はハイテンションコードで強化
中央の再生ボタンをクリックするとこの車の動画がご覧になれます。


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 神奈川
TEL/080−4377-0093 真板(マイタ)まで
※電話に出られない場合は、メッセージを入れて頂ければ折り返しご連絡致します。

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
※上記をクリックするとメールソフトが立ち上がりますが、お問い合わせの車両名を必ずご記入下さい。

注1)上記をクリックしてもメールソフトが立ち上がらない場合は、enthunomori@carcoating.net をコピーしてメールの宛先に入力して頂くか、お電話でご連絡下さい。
注2)こちらからのメールが迷惑メール扱いされている事がありますので、返信メールが来ない場合は、迷惑メールフォルダもお確かめ下さい。
注3) 携帯やスマホからのメールの場合、こちらからのメールが届かない場合がありますので、PCのアドレスをご連絡頂くか、上記のメールアドレスからのメールを受信出来る様に設定をお願いします。

愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る