エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ダットサン サニースポーツ(B10) 1969年式
車検 なし 走行 13,810km 備考 殆どが当時のままのノンレストア車 フロア4速 
長さ 3820mm 1440mm 高さ 1340mm 重量 660kg 排気量 980cc
取材日2018年4月15日

今回ご紹介するのはダットサン サニースポーツになります。

日本の大衆車の代表格、日産サニーの初代モデルにあたる通称「B10サニー」ですが、発売当初はダットサン・サニーとして2ドアセダンモデルのみのラインナップだったようです。

その後、4ドアセダンのスタンダードとDXがラインアップに加わり、この4ドアセダンDXモデルを3速コラムシフトから4速フロアシフトにしたサニースポーツが誕生しました。

またサニー専用に開発されたとされる直列4気筒OHV「A10型」エンジンは名機と言われ、改良を加えられながらレースでも活躍する日産を代表するエンジンの一つへと成長していきます。

大衆車としてだけでなくスポーツセダンとしての性能も認められ、ボーイズレーサーとしても名を馳せました。

今回の車両はお店の看板車として屋内に展示されていたり、日産の販売店のショールームに飾られていたりと、常に人目に付くところにあった車の様でオリジナルとしては非常に良い状態を保っています。

現オーナー様の所に来てからもまめにメンテナンスをされていて、このサニーに対するオーナー様の愛情が覗えます。

ナンバープレートも当時の物を保持されていて、「岡 5」のプレートが着いています。出来ればこのままこのナンバープレートを引き継げる方が現れると嬉しいですね。

過去に映画やドラマなどの撮影にも使われた事があるそうで、やはりオリジナルの持つ雰囲気というのが買われたのかもしれませんね。

他にも旧車を所有されていて、ガレージが手狭になってきた事もあり、今回泣く泣く売却を決められました。

掲載出来なかった画像がまだ多数有りますのでご希望の方はメールにてお申し付けください。

【機関】
取材時、チョークを引いてクランキング後、一発始動でエンジン快調に吹け上りました。チョークを戻した後も安定したとても静かなアイドリングでした。

走行距離が13800km台というのも頷けます。

消耗品等の部品交換もそのほとんどを純正部品で行って来たとの事でその辺りも非常に安心出来るところです。

オーナー様はオリジナルの状態を保つ為のメンテナンスをずっと続けて来られました。

記録簿がある程度残っています。主な交換部品、メンテナンスは以下の通りです。(部品やメンテナンスの名称は記入者や年代で違っています。)

平成13年12月
アッパーボールジョイントブーツ
タイロッドエンドブーツ
ロアボールジョイントブーツ
フロントライニング
リアライニング

平成16年5月
リアマフラー

平成24年10月
クランクシャフトフロントオイルシール
キャブレター清掃
マスターシリンダリペアキット
フロントホイールシリンダーASSY
リアホイールシリンダーASSY
フロントカップキット
フロントブレーキシューセット
リアブレーキシューセット
エアエレメント
フューエルエレメント
ウォーターポンプASSY
ファンベルト
シリンダヘッドガスケット
バルブカバーガスケット
ポイントキット
ディスキャップ

平成24年11月
ディスローター
オイルフィルターパッキン
ラジエターキャップ

平成25年1月
ミッションオイル交換
デフオイル交換
ステリングギアオイル交換
バッテリーコード(社外品)

平成25年2月
リアクランクシール

平成25年6月
リアガラス脱着
リアガラスモール脱着
リアガラスウエザーストリップ
タコメーターオーバーホール
時計オーバーホール

平成25年10月
ラジエターオーバーホール(コア交換)
ラジエターホース(1台分)
ミッション脱着(クラッチオーバーホール)


平成26年1月
シリンダヘッドカバーガスケット
サーモスタットパッキン

平成26年8月
クラッチカバー交換
クラッチ板交換

平成27年8月
ポイント交換

記録簿の記載はありませんが、マスターシリンダーは純正品にて新品に交換してあります。

フューエルメーターのフロート部はアッセン交換しています。

リアマフラーも純正品を使用しています。マフラーカッターは純正オプション品が着いています。

給油時は有鉛ガソリン車用の添加剤「バルボー」(旧名称:バルブリン)を入れてあります。10本以上バルボーをストックしてあるとの事で希望であればそちらも購入者の方に差し上げますとの事です。

【外装】
新車時から未再生のまま今日まで維持されてきたとすると非常に良い状態のボディです。

フルレストア車とは違い、当時の塗装のままなので何とも言えない味わいが有ります。

リアガラスのゴムは交換されています。

ヘッドライト、ウインカー等のレンズは当時のままとの事です。年数を考えると非常に綺麗な保存状態です。

ナンバープレートのリムにはナンバーを引っ掛ける所が富士山の形をしたものが着けられています、当時は結構流行っていたそうです。こちらは社外品になります。

ネオンコントロール(コーナーポール)も当時物でキチンと稼動しています。

左のリアフェンダー、給油口の上あたりに補修したとみられる塗装のムラが見られます。実車を見ると判りますが、写真では判別しにくいです。

運転席側ドアの中央部辺りに薄い塗装の割れが見られます。この辺りは経年劣化によるものと思われます。画像にて確認できます。

右リアフェンダーの上あたりに写真には写らないくらいの小さなエクボが有ります。その横辺りに3cm〜4cmほどの線キズがあります。

メッキバンパーは右リアに少し多めに点錆が出ています。画像にてご確認ください。これ以上錆が進行しない様、WAKO'Sのラスペネにて日々メンテナンスをされているそうです。

その他にもミリ単位の塗装の剥げや細かいキズ等有りますが、その辺りは約50年が経過した未再生車という事でご容赦いただければと思います。

ご希望であれば画像をお送りいたします。

【内装】
全体的な雰囲気は少しやれたイメージですが未再生車という事を考えると当たり前ですね、しかしダッシュボードの割れやドアトリムの歪み等も見られませんでした。

ドアの縁や下廻りに目立った錆は確認できませんでした。

三角窓は左右共に不具合なく使用できます。

運転席シート座面に破れがあります。画像でご確認ください。

全てを覆うシートカバーは社外品ですが、サニー専用に作られた物なので見た目にもすっきりしています。もう1セット以前使用していた、白いシートカバーがあるのでそちらもお付けいたします。

ダッシュボード上にある時計は純正オプション品でキチンと稼動しています。

ハンドル下に取り付けられたタコメーターはオーバーホールされ、正常に稼動しています。

8トラのデッキは現在不動との事で、実働する物を一つ差し上げます。現在着いている物は取り外します。

ラジオもキチンと鳴り、フロントフェンダー上にあるアンテナ引き出す専用のパーツもあります。※動画にて確認できます。

撥水加工がされた裏起毛のボディカバー(巾着タイプ)と専用バッグも付属いたします。

シフトノブも純正オプションの物が着いています。

【付属品】
専用ボディーカバー(ワンオフ制作)
シートカバー1セット(中古)
純正キー(メイン・給油口各1本)
スペアキー(メイン・給油口各1本)
バルボー(13本)
車載工具
チェス駒型のアンテナを引き出すパーツ
8トラデッキ(中古)
取説

※掲載出来なかった画像が他にもあります、ご希望の方にはメールにて送ることが出来ますのでお申し付けください。(メールの環境がある方で且つ画像を開ける端末である事が条件となります。)

車は現在、鹿児島県にあります。

個人のため諸費用等かかりません。

陸送等は購入者様の方で手配をお願いいたします。

【お問い合わせに際して】
このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物で、オーナーさんの依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。

記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全てエンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。

状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき下さい。

掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

130万円→120万円(応談)
画像クリックで拡大出来ます
木漏れ日の下が良く似合います 
未再生車ならではの味わいですね 
本当にシンプルなデザインです 
ライト、メッキ類全て当時のままです 
目立った曇り等見られませんね 
 
フロントガラスの状態 
エッジのモールが効いてますね 
真っ直ぐで美しいプレスライン 
リアスタイルも非常にシンプルです 
 
レンズは当時のままとの事です 
オリジナルとしては素晴らしい状態 
ステンレスのモールが美しいですね 
 
まだ充分艶が残っています 
ルーフに錆などは出ていません 
保存状態の良い純正ホイールキャップ 
スチールホイールには多少の錆やガリ傷有り 
ドアトリムも綺麗に保たれています 
この辺りにも錆など見られません 
ドアの下廻りは4枚ともこのような状態 
擦り傷の少ないサイドシル 
ドアのキャッチ側も綺麗に残っています 
社外のシートカバーはサニー専用 
運転席のみ破れがあります。 
純正のステアリングには革製のカバーが 
実走行、驚きの走行距離ですね 
グローブボックスの辺りも綺麗です 
リアのドアも綺麗な状態 
リアシートヘタリは少なそうです 
純正オプションの時計は使用できます 
足元のタコメーターがカッコいいですね 
天井は小さな汚れがあるくらいです 
美しいリアフード 
トランクの使用感は少ないです 
非常にシンプルなフロントフード 
安定したアイドリングの「A10型」エンジン 
OHV直列4気筒1000tの名機です 
ラジエターコアは交換されています 
フロントから見た下回り 
フロント足回り 
リアから見た下回り 
リア足回り 
リアバンパ―右側の点錆 
運転席ドア中央辺りの塗装の割れ 
ドアノブは全てこのような状態 
リアガラスのゴムは交換済みです 
ミラーの状態、素晴らしいですね 
旧車の印象をグッと上げる三角窓 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 南九州オフィス
TEL/070-6597-4547(ハシグチ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
spwbj855@yahoo.co.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る