エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ニッサンシーマ タイプIII リミテッドL AV 1991年式
車検 31年3月 走行 59,370km 備考 ツーオーナー
長さ 4930mm 1780mm 高さ 1420mm 重量 1830kg 排気量 4130cc
取材日2017年7月2日

ツーオーナーで、低走行のきれいなシーマです。

最近、見かけなくなったと思っていたら、もう生産から25年も経つんですね。
すでに、ネオクラシックの域です。

複数台の車を所有するオーナーさんは、2013年に個人売買で購入。
法人の送迎車として使用されており、ワンオーナーカーだったそうで、新車のようにきれいでした。その時の走行距離は33775qでした。

ファーストオーナーさんのお住まいは雪国でしたが、シャーシブラックが塗られ、ほとんど錆びはありませんでした。

オーナーさんはその後も、そのコンディションを維持する為に、労力と費用をつぎ込んできました。

購入後の整備は以下の通りです。

■2013年3月
・ラジエターキャップ交換
・LLC交換
・4輪ブレーキディスクローター交換
・空気清浄機フィルタ交換
・ETC取り付け

■2013年4月
・エアコン異音の為修理
・リビルドコンプレッサー交換
・リキッドタンク交換
・R12ガス補充

■2013年5月
・エアコン吹き出し口から「カタカタ」音
・アクチュエーター交換

■2013年6月(38445q)
・右リアウインドウ落ち修理
・右リアウインドウレギュレーター交換
・エンジンフラッシング
・オイル、エレメント交換

■2013年7月(39131q)
・サイバーナビ取り付け
・ドライブレコーダー取り付け
・アンプ取り付け
・配線等引き直し
・デントリペア
・ガラスコーティング
・エアコンガス漏れ確認剤注入
・左リアサスペンションアキュームレーター交換
・アライメント測定、調整

■2013年8月
・エアコンリビルトコンプレッサー交換
・エアコンコンデンサー新品交換
(エアコン異音は、ガス圧調整で解消)

■2013年9月(41305q 9月30日)
・左リアウインドウ落ち
・左リアウインドウレギュレーター交換
・オイル交換
・ATF交換
・ベルト鳴きあり調整

■2013年11月
・トランクリッドの歪み調整、タッチアップ

■2014年4月(43913q)
・パワステ配管オイル漏れ
・パワステ配管交換
・デフオイル交換
・ベルト交換
・アクティブサスペンションフルード交換
・パーキングブレーキ交換
・オイル、エレメント交換
・オイルパンドレンプラグ交換

■2014年9月(46800q)
・オイル交換

■2014年10月(47230q)
・6カ月点検
・左右フロントサイドウインドウレギュレーター交換
・ブレーキフルード交換
・ワイパーブレード交換
・左フロントウインカーバルブ交換

■2015年3月(47230q)
・車検
・オイル、エレメント交換
・4輪ブレーキパット交換
・LLC交換
・ATF交換
・デフオイル交換
・アクティブサスペンションフルード交換
・左ドアミラーカバー交換

■2015年5月(51599q)
・左右フロントテンションロッド交換

■2015年6月(52265q)
・左フロントスモールランプバルブ交換

■2015年9月(53229q)
・オイル交換

■2015年10月〜2016年2月(53497q)
・アクティブサスペンションのノーマル化(日産ヘリテージコレクション整備の工場にて、油圧アクティブサスペンションを取り外し、パワステポンプ、プーリー交換。
ノーマルタイプの同車種サスペンションを装着し、カヤバのショックアブソーバーを取り付け)

■2016年3月(53885q)
・12カ月点検
・オイル、エレメント交換

■2016年6月(54919q)
・リアバンパーを擦り、塗装。

■2016年8月(55877q)
・アイドリングの不安定症状がでる。
・アイドリング回転数調整
・オイル交換
・ワイパーブレード交換
・空気清浄フィルタ交換

■2017年1月(57207q)
・パワステオイル漏れあり、パワステ配管交換
・オイル、エレメント交換

■2017年3月(57918q)
・車検
・4輪ブレーキピストンオーバーホール
・デフオイル交換
・発煙筒交換
・エアクリーナエレメント交換
・右ナンバー灯交換
・AACバルブ点検
・冷却系ホース交換
・LLC交換

細かい症状が出ても、すぐに解決してきていますので、かなりの整備内容、費用になっています。

このシーマの懸念の、油圧アクティブサスペンションを、ノーマル化していますので、こちらも安心して維持できると思います。

外装もとてもきれいです。

小さな傷が数か所ありますが、言われないとわからない程度です。

25年前の塗装が、今でも光沢を維持しており、とてもきれいです。
メッキ部分の状態も良好で、曇りもありません。

タイヤは購入時(4年前)に交換していますので、現在まで26000qほどの使用です。山はありますが、走りにこだわりたい方は、交換した方が良さそうです。

ホイルもオリジナルで、キズもなく光っています。

内装もとてもキレイです。
ダッシュボードやステアリング、スイッチ類や木目調パネルなど全て、きれいに維持されており、新車のような状態です。

純正のブラウン管式カーナビ(!)は使用できなくなっていましたので、カーナビ(オーディオ)は新しい物に交換しています。

それ以外は、オリジナルを維持しています。

ETC、ドラレコも付いていますので、そのままお付けします。

純正のオーディオ(カセット、CDチェンジャー)は不動です。

シートはファブリックですが、運転席にもスレやヘタリなどのダメージはありません。

また、当時オプションのレースのシートカバーも付いています。
オーナーさんは、たまに洗濯もされているそうです。

エンジンや機関、エアコンなどの状態も良好です。
現時点で、不具合はありません。

【更新 2018年4月】
2018年4月
サスペンション交換を依頼した専門店工場にて、左前輪の異音修理を依頼。
アッパーマウント交換で症状改善。予防整備として両側前輪アッパーマウント交換。同時にバッテリー下に発生していたシャシーのサビの塗装を行いました。

価格を下げました。

【更新2018年10月25日】
現在、走行は65570kmになっています。

車は群馬県にあります。
個人の為、消費税はかかりませんが、リサイクル料(14240円)と月割りの自動車税のご負担をお願いいたします。

コンディション維持のため、定期的に走行していますので、距離は増えると思います。

できれば、このオリジナルの状態を維持して頂ける方に、お譲りしたいと思っています。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
95万円→60万円
画像クリックで拡大出来ます
25年前の車ですが、いまでも迫力は健在です。 
 
グリルもきれいです。 
 
 
 
シーマと言えば、アカンサスのエンブレム 
ボンネットの塗装光沢も良好 
 
 
全長は493センチ 
タイヤ、ホイルの状態も良好 
目立つ傷凹みはありません。 
 
 
 
 
 
 
無理やり探した傷もこの程度です 
内装もオリジナルでキレイです。 
 
 
 
走行は6万キロ弱 
ダッシュに痛みはありません。 
 
 
後付けのサイバーナビ 
木目調パネルの光沢も良好、ヒビもありません。 
 
カセットの挿入口が、肘掛け下にあるんですね。 
コンソール内のCDチェンジャーは使用できません。 
シートは使用感もなくキレイです。 
ニッサン純正のレースのシートカバー 
 
 
 
アカンサスがデザインされたシートカバー 
 
天井もキレイです。 
 
 
 
エンジンコンディションも良好  
 
 
広いトランク 
工具と専用ジャッキ 
スペアタイヤは未使用です。 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/043-498-2322(カナモリ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
kanamori-t@msg.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る