エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る



日産 フェアレディZ 2by2(C-GS31)240Z-G仕様
1978
年式
車検
26年6月
走行
99,800km
備考
5速MT
長さ
4580mm
1720mm
高さ
1320mm
重量
1250kg
排気量
1990cc
取材日2012年12月9日

<フェアレディZについて>

1969年に先代モデルであるオープンボディのダットサン・フェアレディに代わって発売された。
ヨーロッパ製の高級GTに匹敵するスペックと魅力あるスタイルを兼ね備えながら、格段に廉価であったことで、北米市場を中心に大ヒットした。日産のイメージリーダーカーとして、足掛け10年もの長期に渡って生産され、世界総販売台数55万台(うち日本国内販売8万台)という、当時のスポーツカーとしては空前の記録を樹立した。「ダッツン・ズィー」の愛称で親しまれ、日産自動車の輸出モデルの総称でもある「DATSUN」の名を世界に知らしめた日産の記念碑的車両である。

その中でも、今回ご紹介するのは1978年式、最終型のフェアレディZ 2by2(C-GS31)、240Z-G仕様となります。

<外装>

レッドのボディは光沢があり傷も少ない状態です。
一部塗装の浮きが見られますので、ご見学の際にご確認下さい。

詳細の経緯は前オーナーによるものなので不明ですが、ボディカラーはマルーンからの色替えとの事です。

ゴムや樹脂部品は交換されているパーツが多く年式の割には劣化の少ない印象です。

現オーナー様はガレージ保管、ほぼ雨天未使用との事です。

足回りは車高調整式サスペンションで、ローダウンされており精悍な印象です。

ホイールはワタナベRタイプ、タイヤはポテンザRE-01、F 205/55R15、R 225/50R15 前後とも9分山程度の状態です。

<エンジン>

ボルトオンターボが装着されておりますが、タービンは小径、ブーストは低めで、全体的にパワーを上乗せした感覚だそうです。
音量も控えめで車検にも対応しております。

始動性はとても良好で、白煙、黒煙ともになく、また、異音も特に聞き取る事は出来ませんでした。きっちり整備されていることが伺えます。

<室内>

室内も丁寧に扱われた印象です。

シート2脚、ドア、天井とも張り替えがしてあり、とても綺麗です。
ステアリングはナルディに変更されております。
ノーマルも保管して有るとの事です。

また、オーディオはCDデッキが装着されております。

乗車定員は4名となっております。

もちろん、計器類の動作に問題はありません。

<その他>

当車両は完全なセカンドカーでコンディション維持の為、月に1〜2回のドライブを楽しむ程度の使用状況です。

 

個人のため、消費税はかかりません。リサイクル料及び自動車税の残存期間分は別途ご負担下さい。

車両は栃木県鹿沼市にあります。


以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 450万円
精悍なGノーズ オーバーフェンダーはビス止め
下回りの腐食は少ない  
IHIのボールベアリングターボ  
セルモーターも交換済み  
内装は張替え済み  
  元色のマルーンが見える
   
   


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 栃木
TEL/090-1662-8593(吉田)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
enthu-tochigi@mail.goo.ne.jp


※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが
報告されています。担当者より24時間以内に返信が無い場合は、
お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
    エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る