エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ローバー ミニ Mk1仕様 1993年式
車検 一次抹消(2017年3月) 走行 95,570km(不明扱い) 備考 右ハンドル/4速MT
長さ 310cm 144cm 高さ 132cm 重量 690kg 排気量 1.27L

1993年式のローバー・ミニをMk1(オースチン・セブン)仕様に仕立てた車両です。

2008年(前オーナー時代)、フルレストア(元色は赤)、エンジン載せ替え、インジェクションをツインキャブ化し、同時作業として所有車(状態の悪くなってきたMk1)から各パーツを実車へと移植しました。
その後、2015年に現オーナー様が仕上がっている実車を譲り受け、以降その状態が維持されています。

変更箇所は公認手続きされており、検査証上でも型式:E-XN12A改、備考欄の改造内容には原動機、動力伝達装置が記載されています。(検査証の画像をご参照ください。)
現オーナー様のお話では、おそらくは元々はATだったものをMTに乗せ換えていると思いますとの事でした。

大切に所有してきましたが、お子様も生まれての家庭環境の変化により、実車に乗る機会がめっきり減ってしまったため惜しみつつ手放す決断をいたしました。
なお、2017年3月から一時抹消されており、次期所有者様が車検取得などで乗り出しに費用が掛かることも考慮され、掲載価格を安価に設定いただきました。

【外観】
外観全体を見回して気になるような傷やヘコミは見当たりません。
ホワイトの塗装には艶やかな光沢があります。
ミニでは傷みの出やすい左右ドア下部やサイドシルなどにも錆や塗装浮きは見受けられません。また、メッキ類やドアモール類も状態は良好です。
オーナー様のご指摘により気付いた傷みは、左右ドアのヒンジ(ダミーではなく本物)の小傷で、これはドアを大きく開けた際に付いた物のようです。

足元は10インチ化されています。
タイヤはDUNLOP SP10、サイズは145SR10。2016年に新品で履き替えており、残り溝はたっぷりとあります。

【室内】
室内もMk1仕様です。
全体的に気になるような傷みは見当たらず、白/赤コンビのシートは前後とも色褪せや傷みもなく、非常にキレイな状態です。
ロールケージはダミーではありません。
スミスの3連メーターが追加されています。

【機関】
エンジンの状態は至って良好です。
短いクランキングで一発始動です。そして、エンジンの吹け上がりは滑らかで、アイドリングも静かに安定しています。
2017年夏にFハブベアリング、Rホイールシリンダー、ステディロッド交換を実施しており、あとは定期的なオイル交換のみでトラブルに見舞われる事もなく、快調な状態を維持しており、峠道も高速道路も気持ちよく走っています。
ハイローキットの調整もスムーズに動きます。なお、自宅前に段差があるため、車高は現在高めにセッティングしています。

外観の傷・ヘコミ・腐食がなく、室内の状態や機関も良好ですので、これから永く乗れる状態にあります。
これからますます価値の上がっていくモデルですね。
程度の良いクラシックミニを手に入れたい方にはお薦めの個体です。

個人のため消費税は不要です。
リサイクル料は未預託です。

実車は山形県西置賜郡にあります。

商談中
画像クリックで拡大出来ます
エンジン右側
エンジン左側
トランク内張りは外して保管中
左右ドアヒンジに傷あり
レストア時の写真あります
当時物のジャッキ
サンシェードお付けします
【動画】外観・室内
【動画】エンジン始動


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 仙台オフィス
TEL/090-8925-7383(田村)

またはEメール↓にて
ローバー・ミニ Mk1仕様へのお問い合わせ

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る