エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


MGA1600 ロードスター 1960年式
車検 一時抹消 走行 不明(メーター読み:78,577miles) 備考 北米並行車、全塗装(エンジン脱着)、エンジンオーバーホール、ワイヤーホイール(スピナー有)、幌、ウインドウディフレクター、トノカバー、セブリングタイプフロントスカート、ETC
長さ 3960mm 1480mm 高さ 1220mm 重量 890kg 排気量 1580cc
取材日2018年6月26日

〓〓〓〓〓〓〓
◆MGAについて
―――――――
1955年の発表以来、北米、イギリス本国を始めとするヨーロッパで大ヒットとなったMGAは、デビュー当初1489ccのエンジンで68PSを発生させました。1956年10月からは72PSに馬力がアップしています。その後BMC・Bタイプユニットを1588ccまでスケールアップさせた"MGA1600"に発展します。高性能版"ツインカム"と同じボア×ストローク比が与えられた4気筒3ベアリングOHVエンジンは79.5PSを発揮、空気抵抗の大きいロードスターバージョンでも確実にオーバー100マイルの最高速を実現しました。ボディのバリエーションにはロードスター、オプションのハードトップ、そしてそのハードトップをそのまま固定したような形状のフィクスドヘッドクーペが存在しました。また、ツインカム用に各部が強化されたシャシーと同じくツインカム用の4輪ディスクブレーキが奢られた"1600デラックス"がごく少数ながら生産されています。1961年には、依然BMC・Bタイプを名乗るものの、その実はシリンダーブロック、ヘッドともに新設計された1622ccの1600マークIIに発展、翌年後継車MGBにバトンタッチするまで生産されました。MGAの通算生産台数は約101,000台に上がります。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両はMGA1600ロードスターです。北米の中古並行車で、初年度登録は1988年8月です。
この個体、約5年前にエンジンにトラブルがあり、エンジンのシリンダーブロックを交換しています。交換したシリンダーブロックは同年代のもの、アメリカで見つけ、取り寄せています。エンジンにシリアルNo.プレートが残っているということとMGのワークショップマニュアルがあり、同年代のものであることが証明できます。
シリンダーブロックを交換しているため、車検証上のエンジン打刻番号(職権打刻番号)がありませんが、シリアルNo.プレートにより新規登録時に構造変更で登録ができると聞いています。
シリンダーブロックを交換するときにピストン、メタル、ガスケットキットなどを新品に交換しています。
整備するのにエンジン&トランスミッションを降ろしたため、同時にボディの全塗装を行います。赤だった塗装をライトブルーに塗り直します。もちろん、ドンガラの状態にして塗装しています。
内装のシートもそのときに張り替えているそうです。きれいな状態です。
足回りの整備も怠りません。フロントロワーアームブッシュをポリブッシュに交換、そしてグリースニップルを追加します。
リヤドラムブレーキの左右のライニング交換、ホイールシリンダーカップを交換しています。
一通り整備を行なった後、新規登録する予定でしたが諸事情により取りやめることになります。次のオーナーさんを探すため、エンスーの杜への掲載依頼となりました。

〓〓〓〓
◆ボディ
――――
きれいなブルーの塗装はクリアもあり、きれいな状態です。
エンジンルーム、トランクルーム、室内も同色です。
塗装の割れがフロントフェンダーLHとドアLHにありました。
メッキ類はきれいな状態です。
フロントバンパーにはフォグライト装備、ボンネットには革ベルトがあり、カフェレーサー風に仕上げてあります。また、フロントバンパーレスにしたときのセブリングタイプのフロントスカートがありますので欲しい方には付けて頂けるそうです。
幌は新品、トノカバーもあります。左右のフロントスクリーンはありません。
現在、左右のウインドウディフレクターを作成していますのでお付けします。
ヘッドライトはP700が1セットありますのでお付けします。
タイヤは新品、サイズは165SR15です。
ワイヤーホイールのスピナーがありますのでお付けします。

〓〓〓〓〓〓
◆インテリア
――――――
インテリアもよいコンディションを維持しています。シートは張り替えていますので破れ、擦れ、ヘタリはなく良い状態だと思いました。
スピードメーター、タコメーター、燃料計はイエーガー製です。油温計と水温計はコンビメーターでスミス製です。エンジンスタートはインパネセンターにあるスイッチで行ないます。計器類に故障はありません。
ステアリングホイールはモトリタ製のウッドです。

〓〓〓〓
◆機関
――――
機関に不具合はないそうです。エンジン始動を一発でかかりました。アイドリングも安定しています。トランスミッションは4速MTです。ご存知のとおり、1速はノンシンクロなので車両が止まっている状態でないとシフトできません。キャブは定番のSUツインキャブです。

〓〓〓〓
◆足回り
――――
フロントロワーアームのブッシュをポリブッシュの交換、グリースニップルを追加しています。その他はノーマルの状態です。特に不具合はありません。
◆足回り仕様
ステアリング形式:ラック&ピニオン
サスペンション(前):ウィッシュボーン+コイル
サスペンション(後):半楕円リーフ
ブレーキ(前):ディスク
ブレーキ(後):ドラム

〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンス
―――――――
記録はありませんがクラシックカーの整備ができるショップで面倒を見てもらっています。

車は愛知県にあります。
法人登録の為、消費税がかかりますが掲載価格は消費税込みの価格です。
リサイクル費用は、別途清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 398万円
画像クリックで拡大出来ます
フロントマスクはカフェレーサー風 
お尻が魅力的なMGA 
フロントバンパーは北米仕様だと思います 
 
 
 
フロントロングノーズがいいですね 
幌を被せた状態 
 
 
幌のリヤスクリーンは透明です 
破れや擦れはありません 
幌収納時 
ヘッドライトとフォグライト 
 
可愛いテールライト 
 
塗装の割れ(ドアLH) 
塗装の割れ(フロントフェンダーLH) 
アンダーボディ左 
アンダーボディ右 
コックピット 
イエーガー製のスピードメーターとタコメーター 
水温と油圧のコンビメーター、燃料計 
 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
 
ドア内張り 
赤いバンドはドアを閉めるときに使用します 
エンジンルーム 
 
 
ヒーター 
 
SUツインキャブ 
 
 
エンジンシリアルNo.プレート 
エンジンオイルパン部 
トランスミッション下部 
スペアタイヤ 
 
ワイヤーホイール 
フロントサスペンション部 
ポリブッシュ(青)とグリースニップル 
リヤサスペンション部 
エキゾーストマフラー 
付属品 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る