エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ランチア テーマ 8.32(フェーズ2) 1990年式
車検 2019年12月21日 走行 31,584km 備考 D車、左H
長さ 4590mm 1750mm 高さ 1435mm 重量 1410kg 排気量 2926cc
取材日2018年7月12日

★ランチア テーマ 8.32(フェーズ2)に関して
ジウジアーロがデザインしたモダンでエレガントな4ドアセダンのテーマ。
1987年に登場した8気筒32バルブを意味する8.32は、フェラーリ308クアトロヴァルヴォーレ用のエンジンを搭載している。
星型ホイールや格子状フロントグリルなどフェラーリのデザインを踏襲し、運転席のスイッチで任意に上下出来る電動のリヤウイングが備えられた。
内装は、高級家具メーカー、ポルトローナ・フラウがデザイン・製作した本革トリムを使用し、アルカンターラを天井に用いたり、アフリカン・ローズウッドのパネルを用いるなど、豪華に仕立てられていた。

1989年にはフェーズ2と呼ばれるフェイスリフトが行われ、細長の4灯式ヘッドライトや太いサイドモールとスカート等に変更され、搭載される水冷V型8気筒DOHC32バルブエンジンは、2926ccの排気量から、最高出力200ps(147kW)/6750rpm、最大トルク26.8kg・m(262.8N・m)/5000rpmを発揮した。

◆当車について
D車(オートザム物)、2017年12月に購入、複数オーナー(初代オーナーは女性)、取説・マニュアル関連あり、禁煙車、整備記録あり、ガレージ保管、事故歴・修復歴無し、5速MT、ETC、レーダー、スペアキーあり。
※型式/E-A834F、原動機の型式/F105L、車台番号/ZLA83400000223●●●

◆エクステリア
ボディカラーは鮮やかなBlue Blizzard metallizzato(ブルー・ブリザード・メタリック)です。
所々再塗装されていますが、目立つ傷やエクボも無く、状態は良好です。

純正のスピードライン製15インチホイールに、タイヤは2015年46週製造の205/55R15で、5〜6分山程度あります。

電動アンテナは配線カプラーを外して動かない様にしてありますが、繋げば動きます。
またリアウイングも同じく出したままにされていますが、格納する事は可能です。
ただ、既存のスイッチが壊れて使えないため、増設したスイッチで対応しています。

錆は下回りを含めて殆どありませんが、気になる点として、右リアバンバーの浮きがあります。
なお、取材時に通り雨があったため、フロントバンバー周辺に水滴が付いていますが、傷ではありません。

◆インテリア
車内はオーディオが交換されて、ETCとレーダーが付けられている以外はオリジナルのままです。
ポルトローナ・フラウによるセンス良く仕上げられたレザー仕立てのインテリアの状態は、28年前としてはシートやドア擦れは比較的軽微です。
ただ、残念ながらステアリングに傷があり、シフトノブには擦れ、ダッシュボードやリアトレイのレザーは所々剥がれてしまっています。
幸いな事にまだ初期の段階ですので、張り替えなくともリペアで直せるレベルです。

またインパネのウッドには細かいクラックがあり、ドアトリムの日の当たる部分は日焼けしています。
リアドアを開けるとリアシートのヘッドレストが立ち上がる仕組みは、取材時に左側が一度作動しましたが、その後動かなくなってしまいました。

なお、エアコンは良く効いていました。

◆エンジン・整備関連
エンジンはフェラーリ独特のクランキングで掛かり、重低音を響かせながらアイドリングしますがばらつきはありません。
異音や異臭は無く、オイル漏れもありません。
フケ上がりも良好で、エンジンマウント類もしっかりしているようで、体に伝わる振動も軽微でした。

オドメーターは現在9,224kmですが、22,360km時に交換されていますので、実際は31,584kmとなります。
なお交換したメーターは保管してあります。

足回りはオートとスポーツモードの切り替えが出来なくなったため、ビルシュタインのワンオフ物に交換されています。

保管されている整備記録は下記の通りです。

【2015年5月/20,780km】
・タイミングベルト交換
・タイミングベルトテンショナー交換
・パワステベルト交換
・エアコンベルト交換
・オルタネーターベルト交換
・ウオーターポンプ交換

【2015年8月】
・バッテリー交換

【2016年10月/22,267km】
・定期点検
・オイル&フィルター交換
・LLC交換

【2016年11月/22,360km】
・スピードメーターアッセンブリー交換
・インナーサイレンサー取り付け

【2018年4月】
・ビルシュタイン特注ストラット交換
・サスペンション交換

◆オーナーさんより一言
8.32は以前から興味があり、一度は乗ってみたかったので、あちこち探して低走行のこの個体を購入しました。
希少な車ですが、フェラーリエンジンの走りは最高で、高速を使った通勤に使用しています。渋滞の多い市街地走行も普通に走れますし、暑い中の走行でも水温にあまり変化はありません。

電装系がブアなのが難点ですが、「あばたもエクボ」と言った所で、気に入っています。
購入して1年も経っていませんが、以前から探していた個体の出物があるため、車庫事情により止む無く売却する事にしました。

◆エンスーの杜取材担当者の私情インプレ
オーナーさんのドライブでご自宅周辺のワインディング道路を試乗させて頂きました。

暑かったので、窓を閉めて、エアコンを効かせていましたが、それでもフェラーリのエンジンは低速からトルクがあり、アクセルを踏み込みとマフラーからは甲高い咆哮を放ちながら、1.4tのボディを軽々と引っ張っていました。

交換された足回りも多少固めでしたが、突き上げも無く、ポルトローナ・フラウのレザーシートのクッションと良くマッチングしていて程良い乗り心地でした。

ハイバワーのFFですが、フルパワーでの限界走行でもしない限りはそんなに神経質になる必要はないと思います。
リアウイングを格納すれば、一見普通のセダンですので、この車の素性を知らない人にとっては正に「羊の皮をかぶった狼」的存在だと思いますし、オーナーさんの「一度は乗ってみたかった」と言う気持ちが良く分かりました。

当車両は神奈川県にあります。
(個人情報保護の関係上、場所は現車確認をお申込み頂いた方だけにお教え致します)

またオーナーさんのお仕事の関係上、現車確認は木、土、日でお願い致します。

◆お問い合わせに際して
・このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物で、オーナーさんの出品依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。

・記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、見落とし等で現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全て裏づけを取ったものではありません。

・状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び、取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき頂き、現車確認の際に必ず状態をご確認下さい。

・掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。
なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止と個人情報保護のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

・エンスーの杜のご利用が初めての方には、システムのご案内をメールにてお送りします。

◆購入される場合(オーナーさんの希望売却価格です)
・車両代金のみ 
※自動車税未経過分の精算やリサイクル料は請求しません。
※ 個人売買のため、消費税は掛かりませんが、支払いは現金一括で現状渡しのノークレームとなります。また、 陸送等の手配は購入された方に行って頂きます。

 250万円
画像クリックで拡大出来ます
1 絶滅危惧種になってしまった8.32
2 ボディカラーは鮮やかなブルー・ブリザード・メタリック
3 ヘッドライトがフェイズ2の特徴
4 ウイングを格納すればオーソドックスなセダン
5 正に羊の皮を被った狼的存在
6 塗装の状態は良好
7 オートアンテナは配線を外してある
8 リアウイングは電動で上下が可能
9 石はねは多少あり
10 ウインカーの樹脂部分には細かいクラックがある
11 バンパー上部の点々は水滴によるもの
12 ガレージの透明な屋根が映り込む
13 フロントウインドウの石はねは無い
14 フェラーリのマークはホイールのセンターキャップのみ
15 ホイールは純正のスピードラインの15インチ
16 テーマのロゴはサイドモールのみ
17 サイドミラーの傷は無い
18 ストライプはペイントされている
19 ルーフの日焼けは無い
20 リアトレイにはめくれがある
21 ウイング上面は格納されるとトランク上面と面一になる
22 傷やエクボは無い左サイド
23 リアバンパー上部に歪みがある
24 歪みによるリアバンパーの浮き
25 バンパーには艶がある
26 樹脂類のヤレも軽微
27 斜めに出しにセットされたマフラー
28 オイル漏れは無い
29 右サイドのアンダーパネル
30 左サイドのアンダーパネル
31 ワンオフと思われるステンレスのマフラー
32 ドア下に錆は無い
33 ウッドの上部に日焼けがある
34 ダッシュボードはウインドウ側とメーター側にめくれがある
35 ポルトローナ・フラウにより仕立てられたインテリア
36 メーター交換のため実際は31,584kmとなる
37 ウッドは細かいクラックがあるがエアコンは良く効く
38 擦れが殆ど無い運転席
39 助手席の状態も良好
40 ゆとりのあるクッションの良いリアシート
41 使用感が殆ど無いリアシート
42 アルカンターラの天井は若干浮きあり
43 オートヘッドレストは不動
44 ウイングを格納するトランクリッド、ダンパー抜けは無い
45 スペアタイヤは同じホイール付きの同寸
46 インシュレーターの状態は良好
47 308クアトロヴァルヴォーレ用のV型8気筒エンジン
48 タイベル関連は交換後1万km程度
中央の再生ボタンをクリックするとこの車の動画がご覧になれます。


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 神奈川
TEL/080−4377-0093 真板(マイタ)まで
※電話に出られない場合は、メッセージを入れて頂ければ折り返しご連絡致します。

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
※上記をクリックするとメールソフトが立ち上がりますが、お問い合わせの車両名を必ずご記入下さい。

注1)上記をクリックしてもメールソフトが立ち上がらない場合は、enthunomori@carcoating.net をコピーしてメールの宛先に入力して頂くか、お電話でご連絡下さい。
注2)こちらからのメールが迷惑メール扱いされている事がありますので、返信メールが来ない場合は、迷惑メールフォルダもお確かめ下さい。
注3) 携帯やスマホからのメールの場合、こちらからのメールが届かない場合がありますので、PCのアドレスをご連絡頂くか、上記のメールアドレスからのメールを受信出来る様に設定をお願いします。

愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る