エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ホンダアコードCA3 1987年式
車検 28年12月 走行 89,800km 備考5速MT
長さ 4560mm 1690mm 高さ 1350mm 重量 1160kg 排気量 1950cc
取材日2015年11月

ホンダアコードCA型は85年6月にフルモデルチェンジして3代目アコードとしてデビューしました。
外見はリトラクタブルヘッドライトを採用しノーズを低く見せた4ドアセダンと斬新なロングルーフの3ドアハッチバックのエアロデッキの2種、旧型比プラス150mmにもなる2600mmのホイールべースをはじめ全幅も1695mmとなり大型化しました。サスペンションにはFF車としては世界初となる4輪ダブルウィッシュボーンが採用されエンジンは新開発の1.8L/2.0LのDOHCユニットB18AとB20A、従来の1.8Lシングルカムエンジンを改良したA18Aの3種を用意、どれも従来より高性能高出力エンジンが搭載されセダンは87年5月にマイナーチェンジして2.0エクスクルーシブなどを販売し7月には固定式ヘッドライトのセダンCAを発売
同時にそれまでアメリカのみで生産販売されていた2ドアクーペを逆輸入してUSクーペとして発売し89年9月にフルモデルチェンジし4代目と移行しました。

今回紹介するのはホンダアコード1987年式です、グレードは2.0siでツインカムエンジンB20A搭載モデルになりますミッションは希少な5速マニュアルです。オーナー様は実車を昭和62年12月に新車で購入し現在にいたります。
●外見
塗装の色艶も良好で十分綺麗な外装です、車両のバンパー4つ角に擦りや押した跡がありますがその他目立つ傷やへこみはなく概ね綺麗です。
●内装
こちらも十分綺麗な状態です座席シートにヘタリやヤレなど感じさせず清潔感漂う内装です、ダッシュボードにも変形などはなく良い状態を維持しております。
●エンジン・ミッション機関
現在不具合などなく好調を維持しております、タイミングベルトも71000km時に交換済みですので安心ですね。
今までに行った修理の主なところはエアコンのコンプレッサーの交換、オルタネーターの交換、リトラヘッドライトの修理などです。現在エアコンも問題なく効くそうです。
ノーマルからの変更箇所はEXマニホールドをタコアシに交換、ハンドルをナルディに交換、ホイールを戸田レーシングアルミに交換、ビッグスロットルボディに交換などが主なところです。
また最近バッテリーとタイヤ2本を交換したそうです。
付属品としてレカロのシートレール、フジツボ製マフラー、純正ハンドルとノーマルのスロットルボディがあります。

全体的に程度良好で丁寧に扱われてきたことが伺える車両です、希少な5速マニュアル、ツインカムエンジン搭載モデルです!お探しの方は一見の価値ありの車両です。

車は岡山県倉敷市にあります。
個人ですので消費税は掛りません購入の際には自動車税の月割りとリサイクル料のご負担をお願いいたします。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
商談中
画像クリックで拡大出来ます
塗装の色艶は良好です 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バンパーの角に擦りキズ 
 
 
 
 
ツインカムB20Aは160馬力
 
 
内装も綺麗です。
 
走行は89800km
 
 
 
ミッションは5速MT
 
 
 
 
 
ダッシュも問題ありません。
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 岡山
TEL/090-1330-9113(フクダ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
fukuda-y@abelia.ocn.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る