エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る

フェラーリ・328GTS 1989年式
車検 2020年5月 走行 27,250km 備考 最終型 ディーラー車 左ハンドル  
長さ 4280mm 1750mm 高さ 1120mm 重量 1420kg 排気量 3185cc
取材日2018年5月

【 フェラーリ・328GTSとは 】
−−−−−−−−−−−−
ミッドシップフェラーリの元祖Dino(ディーノ)の後継車であるフェラーリ308の最終進化型として328が1985年にデビュー、そして後継の348が登場する1989年まで製造販売されました。
328とは3.2Lの排気量8気筒のエンジン搭載を意味しており、デザインはあのピニンファリーナが担当しました。
308から受け継ぐ流れるようなボディラインは328で完成されたと言われ、フェラーリの中でも最も美しいフェラーリと呼ばれることもある人気が衰えないスモールフェラーリです。
フェラーリ328のボディには、クローズドのGTB(ベルリネッタ)と、タルガトップのGTS(スパイダー)の2種類があります。
エンジンはボディの中央部後方に横置され、90度V8,4バルブDOHC3,185ccの排気量から、最大出力260PS/7,000rpm、最大トルク29.5kgf・m/5,000rpmを発揮します。
車両のサイズは、全長428cm×幅175cm×高さ112cmと日本の道路事情から見ても扱いやすいサイズで、裏道でもワインディングでも駐車場でも苦にならない大きさです。

【 当車について 】
−−−−−−−−
・正規ディーラー物(コーンズ)の車両です。
・車台番号から、最終ロットの数十台に属する大変希少な車両と思われるとの事です。
・歴代オーナーの記録も残っていますので、しっかりと管理されてきた車と思われます。
・なんと記録簿の中には、某有名くるま評論家の名前もありました。
・フルノーマル、フルオリジナルの状態を保たれています。
・走行距離も2万キロ台と少なく、大変希少な車両です。

【 エクステリア 】
−−−−−−−
・ボディカラーはロッソコルサで、ほとんど傷も無く素晴らしいコンディションを保たれています。
・購入時にボディコーティング専門店にて塗膜の厚さもチェックしてもらいましたが、均一で異常箇所も無いため、無事故車両と思われるとの事です。
・オリジナルのホイールも、ガリ傷や劣化も無く良好です。
・フロントやリア、エンジンルーム上部の黒いルーバーも劣化は無く状態は良好です
・女性でも持てる程の軽いルーフは1分程度で開閉が可能でシートの後部に収納出来ます。
・スーパーカーの証である、リトラクタブル・ヘッドライトも正常に機能しています。
・当時のフェラーリを象徴する、4灯丸テールランプが決まっています。
・一箇所だけ右前バンパー端部分にタッチペン補修があります。
・ラジオアンテナは取り外してフタがしてあります。
・現オーナーさんはガレージ保管で雨天未使用です。
・全体的にかなりキレイで、20年以上経っている車両とは思えないコンディションです。

【 インテリア 】
−−−−−−
・黒一色で統一された内装が、落ち着いたモダンな雰囲気を漂わせています。
・車内はオーディオとETC以外はオリジナルの状態で保たれています。。
・運転席のみ若干の使用感はありますが、それ以外は20年以上前の個体とは思えないほど良好な状態を保っています。
・スイッチ類は全て正常に動くとの事ですが、オーディオが不動との事です。
・クーラーはミッドシップという性質上、そこそこしか冷えないとの事です。
・エンジンフードやボンネットのオープンレバーにもプランシングホースが刻印されていて豪華です。
・コストダウンという概念が無かった時代の、細部にまでこだわり抜いた内装です。
・全体的にキレイで、20年以上経っている車両とは思えないコンディションです。

【 エンジン・機関 】
−−−−−−−−
・エンジンは軽いクランキングで掛かり、フケ上がりも良好です。
・アイドリングも安定していて、異音や異臭もありません。
・マフラーからの白煙や黒煙はありません。
・ミッション等にも不具合は感じられません。

≪現オーナーさんになってから行った整備≫

(平成26年5月)
・バッテリー交換
・バッテリーチャージャー取り付け

(平成26年6月)
・クラッチオーバーホール
・クラッチディスク交換
・クラッチカバー交換
・レリーズベアリング交換
・カウンターシャフトロックナット交換
・パイロットベアリング交換
・Oリング交換
・ミッション・カウンターギヤオイル交換
・燃料タンク下部ホース交換
・後方バンクブローバイホース交換
・タイヤ空気圧調整

(平成27年4月)
・車検整備一式
・ブレーキオイル交換
・ワイパーゴム交換

(平成28年5月)
・ラジエターオーバーホール
・クーラント交換
・サブタンクピンホール修理
・アクセルワイヤー交換

(平成30年5月)
・車検整備一式

【オーナーさんからのコメント 】
−−−−−−−−−−−−−
フルノーマル・オリジナルにこだわって探して見つけた車両です。巷では「フェラーリはよく壊れる」と噂されますが、エンジンが頑丈であることに定評がある328には当てはまりませんでした。定期的なオイル類の交換や消耗部品を交換する程度で普通に乗れる車だと思います。ボディサイズもコンパクトで扱いやすいですし、そして何よりも、3ペダルのマニュアルシフトでエンジンを高回転で回し、ドライバーが車をコントロールして運転する楽しさが味わえる唯一無二の車だと思います。そんな大切にしてきた車両ですが、乗る機会がほとんど無いため、売却を決心しました。

車は東京多摩地区にあります。
個人ですので消費税はかかりませんが、自動車税の月割りとリサイクル料のご負担をよろしくお願いします。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
1080万円
画像クリックで拡大出来ます
フェラーリです 
 
色褪せはありません 
美し過ぎるボディライン 
 
 
コーンズ物です 
丸4灯の象徴的なテールランプ 
 
 
 
解放感が魅力のタルガトップ 
ピニオンファリーナ 
特徴的なデザイン 
 
 
 
ホイールにガリ傷はありません 
 
 
 
給油口はこんな感じです 
スーパーカーの証し、リトラクタブルライト 
開放的です 
 
 
美しいコックピットデザインです 
7,000回転まで回ります 
 
黒一色に統一された内装 
 
 
特徴的なシフトパターン 
 
ダッシュの状態も良好です 
ドライビングが楽しい3ペダル 
豪華なボンネットオ ープンレバー 
エンジンフードレバーも豪華 
 
バッテリチャージャー付 
 
意外に広いトランク 
美しいエンジン 
 
  
 
 
 
右前バンパーのタッチペン箇所 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/090-9157-7061(アマキ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
z27de674e5m9a7@yahoo.co.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。



愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る