エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


シボレーコルベットC4 1991年式
車検 2019年6月 走行 51,000km 備考 ディーラー車 車台番号:CY1632Y 型式:E-CY15B 原動機の型式:5B
長さ 4630mm 1830mm 高さ 1200mm 重量 1500kg 排気量 5720cc
取材日2018年11月

今回ご紹介する車はコルベットC4です。

1984年に登場したコルベットC4の開発理念は「世界に通用するスポーツカー」だったが、
大半のスポーツカーが高回転指向のエンジンを求める中で、C4コルベットはあえて圧倒的な低速型のエンジンを搭載している。

構造的にも、特徴の多くを先代から受け継いでいたC3型とは違い、エンジン以外のほぼ全てを新規設計した。

エンジンは前輪車軸後部に搭載され49:51とスポーツカーとしてほぼ理想的な前後重量配分を実現した。

足回りは前不等長ダブルウィッシュボーン式、後5リンク式へと進化、アームには市販車初の軽合金を採用し、バネ下重量の低減を狙っている。

前後とも伝統の横置きリーフスプリングを使用しているが、それはFRP製であり、軽量化が徹底されている。

これまでのコルベットは、グラマラスで力強いスタイルを特徴としたアメリカニズムを押し出したデザインが特徴だった。
コルベットC4は世界的情勢を意識して大きく路線変更することとなり、ロングノーズは踏襲されているものの、
大きく盛り上がったフェンダーなどはなだらかに整形され、全体的に洗練されたスタイルを纏った。

ボディ構造は角断面鋼管フレームとセミモノコックを組み合わせたユニフレームとなり、
旋回性能を上げるためにショートホイールベース化され、前後トレッドを広げて操縦安定性を確保している。

外装
サイドミラーをUS仕様の交換
ワイパー交換
トランクにタッチペンの跡があります。
ドアノブに塗装薄くなっています。
写真ではわかりずらいですが右リヤフェンダーに10pほど擦り傷があります。
冬は乗っていないので錆などは少ないです。

内装
走行距離が少ないので内装は綺麗です。
カーペット交換
ETC装着
特注オーディオ(カロッツェリア+NERTZ3ウェイ)ダイニング済

機関
タイミングベルト
ベルトテンショナー
ROM(USA製)交換によりノマールよりトルクが太く感じます。
エキマニをヘダースに交換
オリジナルへダースを入れ低速域でのパンチ力をさらに増強し、心地よいV8サウンドです。
フロントガラスUVカット入りに交換
足回りブッシュ交換によりステアリングを切ると切れ味鋭いハンドリングで安定性もあります。
ウェザーストリップ交換

オーナー様は4年前に購入して色々整備をして安心して乗れるようにいたしました。
オーディオも50万円ほどかけてと、てもいい音がでています。
現オーナー様の愛情が沢山入っているコルベットはいかがですか?

車は北海道札幌市にあります。

個人の為、諸費用はかかりませんが、リサイクル料と、月割りの自動車税のご負担をお願いいたします。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
200万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
塗装ぐ薄くなっている 
 
タッチペン跡 
リヤフェンダー傷 
 
US仕様ドアミラー 
 
 
 
 
 
 
 
ヘダース エキマニ 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 札幌
TEL/090-3776-1874(イガラシ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
sarashina@clock.ocn.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る