エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る



BMW E30 M3 Sport Evolution (Evo III) 1990年式

車検 2018年10月
走行 79,352km
備考 並行車/左ハンドル/5速MT/
車台番号::WBSAK07020AC792xx

長さ 436cm 幅 168cm 高さ 137cm 排気量 2.46L 重量 1300kg



初代M3(E30型)のモデルライフの中でエヴォリューションと呼ばれるホモロゲーションモデルは以下のように3回発売されています。この3モデルは日本には正規輸入されていませんが、現在でも非常に人気の高いモデルです。

●M3 Evolution(1987年)
大型フロントスポイラーやリアウイング下にリップスポイラーが付加されている。エンジンにも改良がおよび210PSを発生。生産台数は505台。

●M3 EvolutionII(1988年)
220PSまでパワーアップを果たし、エンジンは白をベースに3色のMストライプを配した専用結晶塗装が施される。生産台数は500台。

●M3 Sport Evolution(1990年)
ドイツツーリングカー選手権(DTM)のレギュレーション変更(排気量2.3L→2.5L)に合わせて新たに生産されたホモロゲーションモデル。エンジンブロックに手が加えられ2.3Lから2.5Lへとスープアップされ、238PSのハイパワーを発揮します。外装もフロント/リアスポイラーが専用品となります。
なお、上記2モデルの流れを汲んで「Evo III」とも呼ばれています。
生産台数は601台(2ドアセダン600台、カブリオレ1台)。

今回ご紹介する車両は上記3モデル中の最終である、M3 Sport Evolution(M3スポーツエヴォリューション、通称:Evo III)です。

現オーナー様は気になった部分は徹底的に直す性格の方で、2012年〜2016年にかけて惜しみなく手が掛けられ、現在も至って良好な状態が保たれています。(その間の修理代+部品代の総額は380万円にも達しています。)
なお、整備はBMW専門店とBMW正規ディーラーに依頼されており、主な整備歴は次の通りです。(整備明細書あり)

■2012年10月(78,042km)
・車検整備一式
・エンジンオイル/オイルエレメント交換
・ブレーキフルード交換
・冷却水交換
・オルタネーターステー交換、ベルト3本交換
・マフラー排気漏れ修理
・プロペラシャフトジョイントディスク交換

■2012年11月(78,042km)
・室内を一新
左右フロントシート、ダッシュパネル、センターコンソール、ステアリング、グローブボックス、シフトカバー、シフトノブ、ディマースイッチ、ライトスイッチバルブ、左右Aピラーカバーを交換

・ラジエターリザーブタンク交換
・ウォッシャータンク交換
・パワステオイルタンク交換
・オルタネーター交換
・カムカバーG/K、プラグホールG/K交換
・ワイパーアーム、ワイパーブレード交換
・左右カウルトップパネル交換
・左右ヘッドライトワイパーアーム、ワイパーブレード交換
・エンブレム(ボンネット及びトランク)交換
・左右フラッシャーレンズ交換
・各部ボルト、ナット、ワッシャー交換
・カーステレオ配線修理

■2013年3月(78,091km)
・水廻りを一新
ラジエター、ラジエターホース類、ヒーターホース類、バンド類を交換

・全ブレーキオーバーホール
前後キャリパーオーバーホール、前後パット交換、前後パットセンサー交換、前後ローター交換

・エンジン始動時アイドリング不安定
エンジンインテークインシュレーター交換、フュエルホース(プレッシャ及びリターン)交換、アイドルバルブ清掃

・デフクーラー取付
・タペットカバー交換
・エアクリーナケース交換
・フロントリップスポイラー取付
・ミッションオイル交換
・ブローバイホース交換

■2013年4月(78,091km)
・エアコンコンプレッサーOリング交換、エアコンガス補充
・オイルプレッシャーS/W交換
・オイルトラップ/ブローバイ全ホース交換
・アイドルバルブホース交換
・リアマフラー交換
・ヘッドライトAssy左右交換
・サイドブレーキレバーAssy交換

■2015年4月(78,561km)
・プラグ交換
・バッテリー交換
・ルーフアンテナ交換

■2015年7月(78,922km)
・エアコンコンデンサー交換、真空引きガスチャージ
・ボンネットインシュレーター交換
・Fグリル左右交換
・シリンダーヘッドカバー交換

■2015年9月(78,967km)
・ヒーターパイプ、バルブ、Oリング交換
・カセットレシーバー取付

■2016年4月(79,117km)
・ラジエターキャップ交換
・ルームミラー交換

■2016年5月(79,217km)
・エアコン整備
エバポレーター交換、エキスパンションバルブ交換、高圧パイプ交換、ガス回収/真空引きガスチャージ

■2016年9月
・リアスポイラー塗装

■2016年9月(79,313km)
・車検整備一式
・エンジンオイル、オイルエレメント交換
・ブレーキ、クラッチフルード交換
・冷却水交換
・燃料フィルター、前後ホース交換
・燃料ホース(給油パイプ〜タンク)交換
・左右Fショックバンプラバー交換

【外観の状態】
ブラックの塗装には艶やかな光沢があり、気になるような目立つ傷やヘコミはありません。その後にじっくりと見て周って確認できたのは、左カウルトップパネル補修痕、右ドアに小エクボ2個、Rトランクに塗装浮き、Rスポイラーにクラック少々という感じです。
タイヤサイズは225/45R16で、残り溝は十分にあります。

【室内の状態】
上記の通り各部が新品パーツで交換されており、気になるような傷みは皆無な状態です。
ステアリング、シフトノブ、サイドブレーキグリップは新品時のカバーで覆われたままです…。
純正レカロシート2脚は取り外して保管してあります。

当時のツーリングカー用ホモロゲ取得のために製造されたスペシャルマシン「SportEvolution」。
程度良好なこの希少モデルをお探しの方には一見の価値ありの個体です。

個人のため消費税は不要です。
リサイクル料及び本年度自動車税はオーナー様のご厚意によりサービスといたします。

実車は宮城県仙台市にあります。
1800万円
価格交渉承ります


上記の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成されたものです。 極力、欠点なども含めて記事を作成しておりますが、なにぶん1時間程度の取材時間で作成したものですし、オーナーさんの中には問題点を把握していなかったり、不具合箇所がお話から漏れてしまう事もあるかもしれませんので、実車の状態と違う箇所が存在する可能性もあります。 また、整備履歴・修復歴や車の状態などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありませんので、ホームページの内容は参考までにご覧いただき、出来る限り見学され、購入者本人の眼で確認の上、自己責任で購入をお決め下さい。
エンスーの杜より無理に購入を勧めることはございません。


《画像クリックで拡大表示できます》
左カウルトップパネル補修痕
ホイールのセンターキャップ(新品)は未装着で保管してあります。
【動画】外観・室内


この車両のお問い合わせは



電話:090−8925−7383
または
tamura@carrera-inc.net


エンスーの杜 仙台オフィス 田村まで
仙台オフィスのホームページ