エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


アーバンウニモグ U1400 1995年式
車検 切れ(車検21年9月) 走行 14,731km 備考 ディーラー車(ヤナセもの)、ツーオーナー、1ナンバー登録、ディーゼルターボエンジン、トルクコンバーター装備、8段マニュアルミッション(前進16段/後進16段)、4WD、エアコン、純正ロールバー、最大積載量3000kg、NOx・PM未対策車
長さ 4430mm 2110mm 高さ 1650mm 重量 4660kg 排気量 5950cc
取材日2018年6月2日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ウニモグについて
―――――――――
ウニモグとは、ドイツのダイムラー社が製造・販売する商用トラックの一種です。ダイムラー社は世界有数のディーゼルエンジンのメーカーでもあり、商用トラックの分野でも世界中から高い評価を得ています。
そんなダイムラー社が製造する数ある商用トラックの中でもひと際異彩を放つのがウニモグです。ウニモグは60年以上の歴史からなる経験と実績が育んだ「多目的作業用トラック」の代名詞です。複数種類の作業用アタッチメントを用意すれば、それらを付け替えることにより、何通りもの仕事を1台のウニモグで行うことが出来るという、極めて経済的で合理的なコンセプトのもとに開発された、とてもユニークなトラックです。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両はウニモグの中でも希少なアーバンウニモグU1400です。
スタンダードのウニモグをアーバン仕様に改造したモデルです。当時、ヤナセが一般的に乗れるウニモグを14台特注で作らせたモデルとお聞きしました。
本物のアーバンウニモグ、1ナンバー登録車です。
アーバンウニモグの特長は、ボディカラーを乗用車カラーとし、内装を少しお洒落に、そして運転しやすくするため、トランスミッションにトルクコンバーター(半オートマ)取り付けています。特にトルクコンバーターは普通のウニモグとは格段の違いで街乗りを可能にしています。そしてウニモグの悪路の走破能力は他の4WDの追従を許しません。
鬼に金棒のトラックです。

現オーナーさんは、ツーオーナー目、購入後は、しばらく足として使用していたそうですが現在は会社の倉庫に保管しています。
ウニモグの車高、車幅は乗用車とは大きく異なり、かなりのスペースを要します。
購入時には車体寸法をお確かめください。

〓〓〓〓
◆ボディ
――――
ボディは、ワインレッドのメタリックカラー、純正ロールバー付きです。
荷台のフラップは本来ベニヤ板ですが、ステンレス板に貼り直しています。
タイヤサイズ:14.5 R 20
タイヤは特殊なため、1本の価格が高いそうです。
オーナーさんは、ストックを持っていますので欲しい方はご相談ください。

〓〓〓〓〓〓
◆インテリア
――――――
内張りはお洒落な感じを受けます。暖色系の色なのでトラックの室内とは思えません。
シートはエアサスペンションシート、腰にやさしい仕様です。
フロアにはシフトレバー(8段)、駆動輪レバー(前後)、駐車レバーがあります。
デフロックはインパネにあるスイッチで切り替えます。ウニモグは車両を停車させなくてもデフロックが操作可能です。
スロットルレバーはインパネにあります。作業をするときに必修のアイテムです。
現在、内装の電気関係が故障しており、電気装備が作動していません。
お車をお渡しするときは、修理してお渡ししますとお話がありました。

〓〓〓〓
◆機関
――――
5.9リッターディーゼルターボエンジンを搭載、8段トランスミッションとの組み合わせ、最強の4輪駆動車です。
トランスミッションにはトルクコンバーターが装備、シフトを入れたまま、クラッチを離してもエンストはしません。ブレーキペダルから足を離すと勝手に動き出します。
1速の時速は80m(メーター)、ドライバーは動いているかどうか気づかないレベルだそうです。車から離れるときは気を付けましょう。
高速走行は時速85kmまではいけるそうです。(オーナーさん談)

定期的にエンジンを始動し、たまに仮ナンバーで試運転を行っています。
メンテナンス等も定期的に行っています。

車は愛知県にあります。
法人登録の為、消費税がかかりますが掲載価格は消費税込みの価格です。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 800万円(価格応談可)
画像クリックで拡大出来ます
ワインレッドのボディカラー 
最大積載量は3000kg 
見上げてしまう車高です 
シュノーケル有、河川も渡れます 
タイヤ、大きいですね 
ステンレス製のロールバー 
 
車名はここを見ます 
ヘッドライト 
 
引っ掻きキズあり 
 
トレーラヒッチ 
車両に乗り込むためのステップ(2段階) 
燃料タンク 
エアタンク 
トランスミッション部 
エキゾーストマフラー 
エキゾーストパイプ 
コックピット 
センターコンソール 
 
デフロックスイッチ 
エアコンスイッチ 
スロットルレバー 
シフトレバー、駆動輪レバー、駐車レバー 
カセットデッキ 
ドライバーズシート 
エアサスペンションシートのスイッチ類 
パッセンジャーシート 
 
天井 
天井の一部は取り外すことができます 
ドアの内張り 
エンジンルーム 
 
 
 
 
エンジンオイルパン部 
荷台@ 
荷台A 
荷台B 
フロントサスペンション部 
リヤサスペンション部 
フロントディファレンシャル部 
リヤディファレンシャル部 
バルブストック品 
20インチスチールホイール 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る