エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


アルファロメオ アルファ155 2.0ツインスパーク 16V 1997年式
車検 2020年8月4日 走行 57,143km 備考 D車、左H、5速MT、最終モデル 
長さ 4445mm 1730mm 高さ 1425mm 重量 1320kg 排気量 1969cc
取材日2018年4月19日

★アルファロメオ アルファ155 2.0ツインスパーク 16Vに関して
1992年75の後継車としてデビュー、デザインは内外装共にイタリアのデザイン会社I.DE.Aが担当している。
ヨーロピアンスポーツセダンの代表格であり、レース用車両としでも使われ、1992年にはイタリア・ツーリングカー選手権、1993年にはDTMを、1994年にはBTCCを制している。

ミッションは5段マニュアルのFF駆動、運転席エアバッグやABS、盗難防止としてアルファコード(イモビライザー)を採用している。
搭載される直列4気筒DOHC16バルブエンジンは、1969ccの排気量から、最高出力150ps/6200rpm、最大トルク19.0kg・m/4000rpmを発揮した。

◆当車について
D車(コーンズ物)、2017年2月に購入、現在2オーナー目(一時期ショップ名義になっていたが実質2オーナー)取説・マニュアル関連あり、禁煙車、整備記録は新車時よりあり、屋外保管、修復歴あり、5速MT、CD、ETC、スペアキー無し

※型式/E-167A2G、原動機の型式/67204、車台番号/ZAR1670000105●●●●

◆エクステリア
ボディカラーはロッソで、トランクの内側にカラーコードのステッカーが貼ってあります。
ボディは所々再塗装されており、写真では分かりずらいですが肉眼で見ると色合いが微妙に異なる箇所があります。

購入時に修復歴ありと聞いていたそうですが、どの程度でどの箇所かは不明です。

純正の16インチホイールはブラックで塗られており、タイヤはミシュランのパイロットスポーツ、2014年14週製造の205/45ZR16で、4〜5分山程度あります。

気になる点としては下記があります。
・左側のリアスポイラーとトランクの継ぎ目あたりに削れとクリア浮き
(駐車場でバックした際に車止め用のチェーンにぶつけたとの事)
・ホイールの軽いガリ傷
・フロントバンパー下部のすり傷
・ジャッキポイントの当て損ないによる傷

◆インテリア
車内はオーディオが交換されている以外はオリジナルのままですが、オリジナルのアルファのロゴ入りオーディオは保管しています。

ダッシュボードのクラックは無く、ステアリングやシフトノブの擦れも軽微で、シートの擦れも殆どありませんので、1stオーナーが丁寧に扱って来た事が良く分かりますし、年式からすると状態は良好です。

クラッチも軽く、シフトも軽いタッチでストローク出来ます。
エアコンは取材時の気温(25度程度)では良く効いていました。

気になる点としては下記が挙げられます。

・天井の中央部の垂れ
・トランクオープナーのスイッチ不動(現状は鍵で開けている)
・助手席パワーウインドウが最後まで下がらない(2cmほど出たまま)
・運転席座面に1ケ所だけ1cm程度の穴あり

なお、購入時にコンソールに装備されていた小物入れがあるのでお付けするそうですが、定番のベタ付きがあります。

◆エンジン・整備関連
エンジンは軽いクランキングで掛かり、アイドリングも安定しています。
フケ上がりも良好で、異音や異臭は無く、オイル漏れもありません。

整備記録は新車時よりありますが、ファーストオーナーの整備記録は2016年の45,000km位まであります。
すべてコーンズで整備されていますが、手放す前の3回程の車検時の走行距離は、前回の車検時より1000km程度しか走っていません。

また現オーナー時では下記の整備を行っています。

【2017年2月/46,532km、車検整備】
・タイミングベルト交換
・タイミングベルトテンショナー交換
・バランサーベルト交換
・バランサーベルトテンショナー交換
・ウオーターポンプ交換
・アイドラプーリー交換
・ボンネットダンパー交換
・プラグ交換
・タイミングバリュータ交換
・スロットルボディ洗浄
・LLC交換

【2017年5月/49,271km】
・エンジンチェックランプ点灯修理

【2017年5月/49,605km】
・エアコンコンプレッサー配線点検、修理

【2017年7月/50,934km】
・エンジンストール点検
・インジェクター交換

【2017年12月/51,000km】
・フューエルパッキン、カバー交換(ガソリン漏れによる)

【2017年8月/51,163km】
・パワーステホース交換
・エアーフローセンサー修理
・O2センサー交換
・各種リレー交換

【2018年1月】
・アイバッハサスペンション交換(中古)
・純正ショック前後(中古)
・Fサスペンションベアリング交換
・Fバンプラバー交換
・Rバンプラバー交換
・Fロアアーム交換
・Fスタビライザーリンク交換

その他として
・サーモスタット交換
を行っています。

現状の不具合としては
ラジエターファン(電動ファン)が長時間の渋滞時に動かない場合があり、配線を手で押し込むと動くため、接触不良とかもしれないとの事です。

◆オーナーさんより一言
DTMでの活躍ぶりを見て一度乗ってみたいと思い、購入しました。

今ではあまりない小型セダン&5速MTの組み合わせでありながら、セダンの実用性とスポーティーな乗り味が気に入っており、愛知や千葉、長野のビーナスラインや箱根、奥多摩とあちこちドライブしました。

電子制御が殆ど無いため、大きな故障には繋がりませんし、初めての外車としてこの155は丁度良いと思いますし、何と言っても他の人と同じ車に乗りたくない方にお勧めです。

購入して1年程でとても気に入っていたのですが、車庫事情により止む無く手放す事にしました。

◆エンスーの杜取材担当者の私情インプレ
オーナーさんのドライブで試乗しましたが、良く回るツインスパークエンジンは調子も良く、足回りもしっかりしていました。

ボディの剛性感は落ちておらず、ドアやトランク、ボンネットなど動きが硬い(あまり開閉をしないため馴染んでいない)部分もありました。

新車から19年間、最初のオーナーによって大事にされて来て、更に現オーナーさんによって手を入れられたこの155、何せ21年前のイタ車ですからあちこち不具合が出て来ても不思議ではありませんが、その殆どが電装系で、キモとなるエンジンや駆動系はやっと調子が出てきた所ではないかと思います。

ウエッジシェイプの効いたデザインのこの155、イタ車に理解があって細かい事はあまり気にしない方はぜひご検討下さい。

当車両は神奈川県にあります。
(個人情報保護の関係上、場所は現車確認をお申込み頂いた方だけにお教え致します)

また現車確認日は応相談とさせて頂きます。

◆お問い合わせに際して
・このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物で、オーナーさんの出品依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。

・記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、見落とし等で現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全て裏づけを取ったものではありません。

・状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び、取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき頂き、現車確認の際に必ず状態をご確認下さい。

・掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。
なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止と個人情報保護のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

・エンスーの杜のご利用が初めての方には、システムのご案内をメールにてお送りします。

◆購入される場合(オーナーさんの希望売却価格です)
・車両代金 
・自動車税(45,400円)を、購入月の翌月より3月までの未経過分の清算をお願いします。
・リサイクル料(16,150円)の全額負担をお願いします。
※ 個人売買のため、消費税は掛かりませんが、支払いは現金一括で現状渡しのノークレームとなります。また、 陸送等の手配は購入された方に行って頂きます。


【2018年5月3日追記】
エアコンフィルターを新品に交換しました(ドイツCORTECO社製)

【2018年8月4日追記】
車検を継続しました。なおその際にラジエターファン(電動ファン)を修理しました。

【2018年9月12日追記】
トランクオープナーが不動でしたが修理して、車内より開けられるようになりました。

【2018年11月5日追記】
・価格を下げました。
・スペアキーを作成しました。イモビ対応でエンジンが掛かり、トランクが開けられますが、キーのグリップ形状が違うものになっています。
・バッテリーを新品に交換しました。(11月1日)
・不具合として時々、ナンバー灯が付かなくなる事があり、暫くすると直るので接触不良のようです。
なおその症状の時は、ヘッドライト点灯でリアフォグランプが勝手に点き、バックギアに入れた時も同様になります。また合わせてセンターコンソールの警告表示も赤く光ります。

 70万円→50万円
画像クリックで拡大出来ます
1 応年の名車と言える155
2 ボディカラーはロッソ
3 微妙に色合いが異なる箇所がある
4 車高はローダウンされている
5 I.DE.Aデザインの特徴的なウエッジシェイプ
6 後期型の特徴であるリアスポイラー
7 左サイドのスポイラーとトランクの結合部分に傷あり
8 一目で155と分かる独特なテールデザイン
9 フォグランプの石はねによる割れは無い
10 石はねは多少あり
11 エンブレムのくすみは無い
12 リフレクターの焼けは無い
13 ボンネットは多少日焼け気味
14 フロントガラスの石はねは無い
15 ルーフアンテナを装備
16 右側のウインドウは最後まで降りきらない
17 ウエザーストリップの劣化は無い
18 ホイールには多少のガリ傷がある
19 アイバッハの赤いスプリングが見える
20 傷や凹みは無い左サイド
21 右サイドにも傷や凹みは無い
22 リペイントされた16インチのオリジナルのホイール
23 リアトレイにはサンシェードを装備
24 トランクはエンブレムをずらして鍵で開閉する
25 ガーニッシュのヤレは無い
26 フロントバンパー下部の擦り傷
27 左サイドにはジャッキの掛け損ないによる塗装剥げあり
28 右サイドのジャッキポイント
29 マフラーは補修されている
30 ドア下の状態は良好
31 パワーウインドウの動きはスムーズ
32 車内はオーディオ以外はオリジナルの状態を保っている
33 ダッシュボードののクラックは無い
34 タコメーターは0を指さない設定にされている
35 スイッチ類にベタ付きは無い
36 助手席のシートの擦れは無い
37 運転席の座面には1cm程度の穴がある
38 シフトノブやサイドブレーキの擦れは軽微
39 フロアマットはコーンズ物
40 天井は中央部分に垂れがある
41 アームレストとリアシート用のエアコンの吹き出し口がある
42 2名ならゆったり座れるリアシート
43 ダンパーは良く効いている
44 トランクスルー機能がある
45 テンパータイヤは使用歴がある
46 ダンパーは良く効いており、インシュレーターの状態も良好
47 150psを絞り出す最終型ツインスパーク
48 良くメンテナンスされている事が伺える
中央の再生ボタンをクリックするとこの車の動画がご覧になれます。


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 神奈川
TEL/080−4377-0093 真板(マイタ)まで
※電話に出られない場合は、メッセージを入れて頂ければ折り返しご連絡致します。

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
※上記をクリックするとメールソフトが立ち上がりますが、お問い合わせの車両名を必ずご記入下さい。

注1)上記をクリックしてもメールソフトが立ち上がらない場合は、enthunomori@carcoating.net をコピーしてメールの宛先に入力して頂くか、お電話でご連絡下さい。
注2)こちらからのメールが迷惑メール扱いされている事がありますので、返信メールが来ない場合は、迷惑メールフォルダもお確かめ下さい。
注3) 携帯やスマホからのメールの場合、こちらからのメールが届かない場合がありますので、PCのアドレスをご連絡頂くか、上記のメールアドレスからのメールを受信出来る様に設定をお願いします。

愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る